image

 

朝方に激しく降った雨のために、草花はまだ少し濡れていた。広々とした牧場に延びる道を、楽しそうに自転車で猛ダッシュされていたのは悠仁さまだった。そんな弟君を、心配するように追走されていたのは眞子さま。少し離れて、秋篠宮さまと紀子さまのお姿も。のどかにも見えるご一家それぞれのご胸中は――。

 

栃木県にある御料牧場で秋篠宮ご一家がサイクリングをされたのは5月3日の夕方。その数時間前には、皇太子ご一家もJR宇都宮駅に到着されている。ゴールデンウイークの数日間を、皇太子ご一家と秋篠宮ご一家はともに御料牧場で過ごされた。いわば“合同ご静養”だ。ある宮内庁関係者によれば、

 

「実は今回、皇太子ご一家とご一緒のご静養を強く希望されたのは、紀子さまだと伺っています。どうしても雅子さま、そして皇太子さまにご相談したい案件がおありだったのだと思います」

 

その1つが眞子さまのご結婚問題だという。

 

「ご結婚の延期期間は2年以上ということになっています。眞子さまが結婚されるにせよ、破談になるにせよ、新天皇となる皇太子さまのご裁可が必要になると思われます。紀子さまとしても、これまでのいきさつや現在の小室家との関係などを、きちんとご説明する必要があるとお考えになられたのでしょう」

 

もう1つの案件は、悠仁さまの“帝王教育”問題だ。

 

「秋篠宮ご夫妻は4月初旬に悠仁さまを築地市場にお連れしたように、実地の“社会見学”も繰り返し、悠仁さまの見識を広げようと努力されています。しかし“帝王教育”に関しては、事情が異なります」

 

前出の宮内庁関係者は語る。

 

「秋篠宮ご夫妻は、“天皇陛下のなさりようを間近で感じることこそが帝王教育”とお考えになり、悠仁さまが陛下のおそばで過ごすことができる機会を増やすよう努められてきたのです」

 

しかし、天皇陛下のご退位まであと1年となった。

 

「秋篠宮さまご自身が『皇太子として育てられていない』と話されているように、陛下のほかに、“天皇になるための心構え”を学んでこられたのは、皇太子さまお一人です。今後、悠仁さまは皇太子さまのなさりようを学んでいかれることになるでしょう。そのためにはお会いする機会を、これまで以上に増やしていく必要もあります。今回、御料牧場でいっしょにご静養されたのはその第一歩というべきものです」(前出・宮内庁関係者)

 

今回の“合同ご静養”は、わずか数日間。だが次世代の皇室にとっては、大きな実りがあったことだろう――。