創刊以来60年にわたり、皇室ご一家の素顔を追い続けた『女性自身』。

 

天皇陛下と美智子さまは、皇太子さま(浩宮さま)、秋篠宮さま(礼宮さま)、黒田清子さん(紀宮さま)の3人のお子さまに恵まれた。ご一家の日常は大型連載「元赤坂二丁目一番地」でも知ることができる(73年4月7日~7月28日号)。

 

小学生になられたばかりの秋篠宮さまはわがままざかり。1972年の夏休み、軽井沢でこんなご発言があったそうだ。

 

「ボク、学校行くのイヤだ」
「もう、学校やめる!」

 

困惑なさった美智子さま。順々に論理立てて、義務教育の中学校を卒業するまでは勉強を続けなければならないと説明されたという。しかし秋篠宮さまは、こう主張された。

 

「じゃ、ギムキョーイク、おわったら、あとは学校いかないよッ」
「ボク、大きくなったら探検家になるんだ。ウン、アフリカに行くんだよ。あのね、おたたちゃまも、つれていってあげるねッ」

 

美智子さまはなんとも複雑な微笑を浮かべて聞いていらっしゃったそうだ。

 

知ってのとおり秋篠宮さまは、学習院中等科をご卒業後も高等科、そして学習院大学にしっかり進学なさった。法学部を選ばれたが生物学へのご関心が強く、大学院に進学されニワトリの研究で博士号も取得。アフリカも含め、研究のために世界中の国々を訪問された。

 

美智子さまのご忠告を守りつつ、ご自身の夢も実現。この要領の良さは秋篠宮さまらしい。

 

(『女性自身』皇室SPECIAL増刊 )

 

【創刊60周年記念「女性自身」皇室SPECIAL増刊】
ご婚約から60年 美智子さま その輝きは時代を超えて――

2018年12月25日(火)発売
特別定価 500円(税込)
https://amazon.jp/dp/B07L5ZD6V4/