紀子さま 注目される誕生日文書…眞子さま結婚についても回答
(C)JMPA 画像を見る

「温かく、居心地がよく、笑顔あふれる家庭をつくることができれば、うれしく思います」

 

眞子さまが希望に満ちた表情でそう語られたのは、’17年9月3日のことだった。小室圭さんとツーショットで臨まれた婚約内定記者会見から丸3年――。その願いは、いまだにかなっていない。皇室担当記者が語る。

 

「小室さんとの結婚をめぐって、秋篠宮ご夫妻と眞子さまの間には“冷戦”と称されるほどの亀裂が生じました。一時は、親子の会話がなくなってしまったほどです。しかしコロナ禍に対しては、専門家からオンラインで説明を受けられたり、防護服を手作りされるボランティアに励まれたりと、秋篠宮家のみなさんが一丸となって行動されています。紀子さまは身を粉にして家族関係の修復に努めてこられたのです」

 

そんななか、紀子さまが9月11日に54歳の誕生日を迎えられる。皇嗣妃になられた紀子さまは、昨年から誕生日に宮内記者会からの質問に文書で回答されている。

 

紀子さまは昨年《長女の気持ちを推測するなどして現状や今後についてお伝えすることは、控えたい》としつつも、眞子さまと佳子さまの将来について《これまで2人の成長を支えてくださった方々にも喜んでいただけるよう、将来を築いていってほしいと願っております》と語られていた。

 

「紀子さまはこの一文に、小室さんのような人物との結婚が祝福されることはない、とのお考えを込められたのではないでしょうか。1カ月以上前、宮内記者会から3つの質問が提出されました。もちろん今年も、眞子さまの結婚問題についての質問が入っています。紀子さまとしてもこれ以上、結婚問題を長引かせるわけにはいきません」(前出・皇室担当記者)

 

次ページ >“外出自粛”で強まる小室さんとの絆

関連カテゴリー: