「非常に残念…」眞子さま文書で放置された秋篠宮さまの宿題
(C)JMPA 画像を見る

《結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です》

 

アメリカに留学中の恋人・小室圭さんとまったく会えない日々が2年3カ月も続いたにもかかわらず、文面からは眞子さまのご結婚への熱意が、痛いほど伝わってくる――。

 

11月13日、眞子さまが結婚への“お気持ち”をつづられた文書が公表された。

 

秋篠宮家にとっての一大儀式となった「立皇嗣の礼」が8日に執り行われてからわずか5日後のことだった。このタイミングでのご発表について、皇室ジャーナリストは驚きの声を漏らす。

 

「お気持ち発表が、立皇嗣の礼の終了後になることは宮内庁関係者の間でも予想されていました。ただ、11月30日は秋篠宮さまのお誕生日であり、数日前に記者会見が行われます。その会見で、秋篠宮さまが眞子さまの結婚問題について言及され、それを受け、12月中に眞子さまのお気持ちが発表されるのではないかと見られていたのです。内容としても、コロナ禍が収束していない状況も踏まえて、“私たちの気持ちは変わりません”程度の簡単なものになるのではないかといわれていました」

 

しかし今回の文書は《私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり……》などと、かなり赤裸々なお言葉でつづられていた。

 

「皇族としてはストレートすぎる表現でもあり、そのことからも、秋篠宮ご夫妻が眞子さまの書かれた文面に手を入れていらっしゃらないことが推測できます」(前出・皇室ジャーナリスト)

 

来る記者会見で、秋篠宮さまは「眞子内親王のご結婚に関しては、どのように家族で話し合われたのでしょうか?」といった質問を受けざるをえない立場になられたのだ。

 

秋篠宮ご一家と親しい人物は、厳しい口調でこう語る。

 

「非常に残念ですが、“お気持ち”は、本当にご自分の率直な思いをつづられただけで、29歳の大人としての分別や、内親王というお立場を踏まえた世間への配慮も足りないと感じるものでした。秋篠宮ご夫妻も落胆されていることでしょう。とくに“問題”といえるのは、秋篠宮殿下が提示された条件に対して、これまでどんな努力をしてきたのか、また今後どのように行動するのか、触れられていないことです」

 

秋篠宮さまは、’18年11月の記者会見で“多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀を行うことはできない”と、述べられた。

 

これは小室さんの母・佳代さんとその元婚約者X氏の金銭トラブルを念頭に置かれたご発言だった。しかし、それから2年、X氏サイドはいまも借金の返済を求めており、また多くの国民も納得しているとは言い難い状況にある。

 

“宿題”を放置したままの眞子さまの文書に対し、父・秋篠宮さまは会見でどのようなお言葉を返されるのか――。

 

「女性自身」2020年12月1日・8日合併号 掲載

関連カテゴリー: