船橋屋 恫喝動画で辞任の元社長との訣別を告白「経営に無関係で株も保有していない」

投稿日:2022/12/07 06:00 更新日:2022/12/07 11:07
船橋屋 恫喝動画で辞任の元社長との訣別を告白「経営に無関係で株も保有していない」

ネットで拡散された“恫喝動画”が波紋を呼び、9月29日に和菓子の老舗「元祖くず餅 船橋屋」の社長職を辞任した8代目当主・渡辺雅司氏。

 

渡辺氏は’93年、銀行員から家業である「船橋屋」の専務に転職。そして’08年、自身の父親の後を継いで「船橋屋」8代目社長となった。その手腕がメディアでも取り上げられることとなり、’18年11月には経済人を特集する番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京)に出演。その翌年には、マネジメントに関する著書も出版している。

 

そんな渡辺氏だが“恫喝動画”では自身が信号無視をするような形で、別の車と衝突。さらに事故相手に対して「どっからお前出て来てんだ、この野郎!」「えっ?じゃねーだろが、この野郎が!てめぇ、何まず曲がって来てんだよ」と逆ギレ。事故相手が「いや、青(信号)でしたよ」と説明すると、「青じゃねぇから、俺がここ来てんだよ。おめぇが左に、おい!」と叫びながら言い返し、動画には、渡辺氏が事故相手の車を蹴ったとされる音も収録されていた。

 

「動画は9月9日、SNSにアップされのちに削除されましたが、SNSでは転載されたものが次々と拡散されることに。次第に『この野郎!』などとキレた男性に対して、『船橋屋の渡辺雅司社長では』との指摘が相次ぎました」(広告関係者)

 

この事態を受け、船橋屋は9月27日、公式サイトでコメントを発表。「事故並びに現場での対応は概ね事実」と認め、「お相手の方との和解・示談は既に成立しております。本来であれば、一日も早くお知らせをすべきところ、示談・和解に向けた話し合いを進めることを優先しており、ご報告が遅くなりましたこと、併せてお詫び申し上げます」としていた。

 

そして、渡辺氏は同月29日に辞任。新たに神山恭子氏が同社の代表取締役社長に就任した。

 

 


 

■「株式会社船橋屋の株式は渡辺個人は保有しておりません」

 

ところが当時、渡辺氏は何の声明も発表しなかったためネットでは《本人は雲隠れせずに会見を行ったらどうでしょうか?》《社長なら会見開いて自らの口で説明なり謝罪したらどうだ》と批判の声が上がっていた。

 

また渡辺氏は同社の跡取り息子であり、Twitterではネットニュース系インフルエンサーが《なお同社株は渡辺社長がガッツリ保有》とも投稿していた。そのため《一族経営だから株の半分以上はもってるだろうし社長を退いても結局経営には口出しをできる》《社長は辞任したけど株は保有したままだから影響力は変わらないって話》など同社と渡辺氏の関係性を疑問視する声も相次いでいた。

 

そこで、本誌は「船橋屋」に渡辺氏との現在の関係について取材した。すると、広報担当者はこう明かした。

 

「既に神山への引き継ぎも終えましたので、現在渡辺は船橋屋の経営には関与しておりません。また、株式につきましては一部で渡辺個人が保有している旨の記事がございましたが、株式会社船橋屋の株式は渡辺個人は保有しておりません」

 

さらに渡辺氏の“ノーコメント辞任”を批判する声について、見解を求めたところ「渡辺が起こした事故とその現場での対応につきましては、多くの方から厳しいご意見を頂き、その中には今回、頂いているようなご意見もございました」といい、「これらのご意見は全て真摯に受け止め、コーポレート・ガバナンスの強化並びにコンプライアンス教育の徹底などを進めて参りたい、とそのように考えております」と答えた。渡辺氏と完全に訣別した様子の「船橋屋」。新たな船出を応援したい。

ちらの記事もおすすめ

カテゴリー