元舞妓が人身売買、未成年飲酒を告発してから6カ月…支援財団は「そんな行為は一切なかった」と全否定

投稿日:2022/12/09 06:00 更新日:2022/12/09 06:00
元舞妓が人身売買、未成年飲酒を告発してから6カ月…支援財団は「そんな行為は一切なかった」と全否定

《この世から抹消されるかもしれんけど、これが舞妓の実態。当時16歳で浴びるほどのお酒を飲ませられ、お客さんとお風呂入りという名の混浴を強いられた》

 

今年6月に波紋を呼んだ、桐貴清羽さんによる“舞妓業界の闇告発”から半年。桐貴さんはTwitterで冒頭のように投稿し、お客とウイスキーの一気飲み大会をした際の様子を写真でアップ。さらに《5000万円で初めての性行為を売られそうになった》とも明かし、《人身売買を国が認めている》と問題提起も行った。

 

「舞妓は中学を卒業した15歳から20歳までの、芸妓を目指して修行を行う女性のことをいいます。置屋や屋形に住み込み、舞踊などの芸事を習い、実力がつけばお座敷でお客に芸事を披露。その際、お酌でお客に接待もします。京都の伝統文化で観光資源でもあり、訪日客の関心も高い。そのため京都市だけでなく、観光庁とも深い関係にあります」(全国紙記者)

 

桐貴さんの告発は当初SNSを中心に拡散されていたが、次第に“ネットの外”にも波及。6月28日、当時の後藤茂之厚労大臣(66)は会見で、桐貴さんの告発について見解を問われると「芸妓や舞妓の方々が適切な環境の下で、ご活動いただくことが重要」と話した。

 

その直後、本誌は“おおきに財団”の愛称で知られる「公益財団法人京都伝統伎芸振興財団」に取材を申し込んだ。おおきに財団は、舞妓などの伝統伎芸の保存や継承を目的にしており、公式HPでは舞妓の募集や派遣も行うなど協会的な役割も果たしている団体だ。

 

そこで桐貴さんの告発について尋ねると、担当者は「この件に関しては現在、事実関係を確認している段階で……。こちらから明言できることは“今はない”という状況です」とコメント。さらに「事実なら対応について考える必要があると思います。ただ先ほども申し上げたように、事実関係は調査中です」と述べていた。

 

 


 

■「ツイートされたようなことは一切ない」

 

その後も、桐貴さんの告発は続いた。「FRIDAY デジタル」で7月18日に配信された記事で、桐貴さんは「お座敷遊びは、性的な動きを『楽しむ』ものが多い」といい、お客とじゃんけんをし、負けたひとがお座敷に横たわり、勝ったひとはその上に馬乗りになって腰を上下させるという仕草をしていたと語っている。

 

また8月2日にアップされた「文春オンライン」の記事では、桐貴さんは舞妓を辞める際、“置屋のお母さん”から「どうせ辞めても股開いて生きていくしかないやろ」と言われたことなどを回想している。

 

こうした舞妓業界の告発がが次々と上がることについて、舞妓業界はどう受け止めているのだろうか。そこで、本誌は再び“おおきに財団”に書面で取材を申し込んだ。「告発の反響は」という質問に、担当者は「週刊誌等のマスコミから問い合わせがありました。内容は差し控えさせていただきます」と返答。そして、「告発によって、業界内で変化した点は」「桐貴さんの告発は事実だったのか」という質問にはこう回答した。

 

「五花街のお茶屋組合の役員が集まり以下の通り情報共有とコンプライアンスの徹底を行いました。

 

元舞妓を名乗る『Kiyoha@物書き』さんが所属していたとされる花街からは、ツイートされた内容について、現在及び在籍していたとされる時期においても、そのような行為は一切なかったこと、掲載されている写真については事実確認が取れていないこと、の報告がありました。

 

これまでから、法令順守や悪質な顧客から芸妓舞妓を守る取組を進めておりましたが、改めて、『20歳未満の舞妓については飲酒禁止を徹底すること』『芸妓舞妓の人権を守ること』など、法令順守やコンプライアンスの徹底を確認しました」

 

桐貴さんの告発ツイートに対して「一切ない」というおおきに財団。6月に取材した際、「花街によって舞妓の状況も異なります。ですから、“事実なのか、そうでないのか”という結果にたどり着くまでに時間もかかるのではと思います」とも述べていたが――。6ヵ月という時間は、伝統文化の“闇”を暴くのに十分といえるだろうか。

ちらの記事もおすすめ

カテゴリー