「美奈から連絡があって『娘たちにもグラビアやらせるって噂が出てるけどホント!?』と聞かれて『やらせるわけね~じゃん!』と言ったことはあります。実際、そんなオファーはなかったけど、娘たちに聞いたら意外と乗り気でしたよ」

 ビッグダディこと林下清志さん(48)は神妙な表情でそう語りだした。6月18日、元妻・林下美奈子さん(30)が情報番組に生出演し、生活費のため「自分にできることをすべてやっていきたい」とさらなる芸能活動への意欲を打ち明けていた。

 美奈子さんが自伝のプロモーションの一環として『FRIDAY』のSEXYグラビアを始めたころから、じつはネット上を中心に《ダディの三女・詩美ちゃんのグラビアも見たい!》という声が続々と寄せられるように。本誌にも中3になる詩美ちゃんの芸能界デビュー説が聞こえるようになったため、記者は清志さんの住む盛岡市内の自宅を再び訪れたのだ。

「詩美の芸能界入りもまったくない。あとね、俺のプロレスデビューも一切根も葉もない話だよ」と言っていたダディだが、再度、詩美ちゃんのグラビアデビュー話を切り出すと、こう断言した。「そんな話はなかったけど、もし『FLASH』さんがグラビアオファーをするなら、受けさせていただきますよ!」

 清志さんが出した条件はただひとつ。詩美ちゃんに加え、同居する家事手伝いの次女・柔美ちゃん、中2の四女・都美ちゃんとともに娘3人で“思い出作り”をするというもの。

「最初は、グラビア?そんなバカなって正直思ったよ(笑)。でもね、来年の今ごろ、我々は確実に世間から忘れ去られていると思うんです。環境に恵まれている今だからこそ、一緒に震災復興のイベントなどにも参加して、東北6県を少しでも支援する力になりたい。ごく普通の娘たちだけど、貴重な人生経験をしてもらいたいんです」

 清志さんのアドバイスのもと、3人の娘たちは真剣な眼差しでポージングなど勉強をしはじめた。手はじめに教材としてチェックしたのは、やはり美奈子さんのSEXYグラビア。自分の気になったポーズを決めていくと、三者三様の個性が光った。カメラマンの言葉に乗ってくると、「ポーズをとる角度が難しい〜」と可愛らしく言いながら、楽しそうにポージングを決めていった。

「正直、美奈に娘たちが勝てるのは若さだけ(笑)。後は勝てないなぁ。だって両方の写真集が出てたら、やっぱり美奈の写真集を買っちゃうもん(笑)。まぁ、これがきっかけで写真集を出すところまでやれたらおもしろいよね!」と清志さん。本格的なグラビア撮影は3人のダイエットと清志さんのマル秘施術が完了次第、決行!

(週刊FLASH 7月9日号)

関連タグ: