19日に始まった全豪オープンテニス。期待の錦織圭(25)の登場もあり、スタジアムには多くの日本人が駆けつけた。

 そのなかで特に目立つ色が青と黄色。青はサッカー日本代表のユニフォームの色。試合会場がアジア杯の会場の隣とあって、ユニフォームを着て掛け持ちで応援する日本人が多いのだ。もうひとつの黄色は、錦織ファンの間でブームとなっているあのキャラクターの色……。

 じつはこれ、錦織が所属する日清食品の「チキンラーメン」のキャラクター、“ひよこちゃん”の色なのだ。昨年、躍進した全米オープンで錦織がひよこちゃんのトートバッグをベンチに置き、以来、ファンの間で話題となった。

「これは販売促進用のもので非売品です。錦織選手に使用をお願いしたわけではありません。全米以降、問い合わせはけっこうありますね。販売?弊社は食品会社ですから(笑)。ありがたいご意見として頂戴いたします」(日清食品ホールディングス広報部)

 非売品ということもあり、その価値は高騰。ヤフオクではトートバッグ2つで1万円以上の高値となっている。

「彼はアニメ好きだし、携帯ストラップはミッキーマウス。ただ、米国の記者は『アメリカのトップアスリートではキャラクターグッズの使用はありえない』と笑っていたけどね」(スポーツライター)

 全世界で放映されるだけに宣伝効果は抜群。チキンラーメンのキャッチフレーズさながら、日清食品にとっては“すごくおいしい”。

(週刊FLASH 2月10日号)

関連タグ: