「夫は2歳年下で、イベントの企画運営などをする会社を経営している。リクルートの営業部員としてクーポン雑誌『ホットペッパー』を手がけ、部長まで出世したが2年半で独立。EXILEのTAKAHIRO似のイケメンで、体育会的なノリで部下には厳しい」(芸能関係者)

 3月31日、「スポーツニッポン」紙が1面で米倉涼子(39)「別居状態 離婚も」と報じた。結婚からまだ3カ月の2人だが、先月末ごろから不仲説が流れていた。

「2月には、連日深夜まで家に帰らず飲みに歩く夫の姿が女性誌に報じられている。そのころは米倉の姿が、家賃300万円以上といわれる夫婦の自宅マンションで目撃されていた。だが夫婦ゲンカの末に飛び出していってしまい、いまは結婚前に彼女が住んでいた、別の高級マンション最上階の部屋で暮らしている」(同前)

 米倉の所属事務所は「お互いの仕事もあり、2つの家を行き来しているだけ」と別居を否定する。だが、夫は故郷である兵庫県内にもマンションを所有。春からは関西での事業に本腰を入れている。夫婦は身も心も大きく離れてしまっている。

「夫は米倉さんと結婚して以来、彼女を『接待要員』として取引先との食事の場に同伴することがたびたびだった。最初は米倉さんも苦笑いして許していたが、毎回毎回だと我慢ができなくなった」(広告代理店関係者)

 主演ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)が視聴率27.4%を記録したトップ女優にとって、夫の営業現場でホステス扱いされることは、プライドが許さなかった。本誌は夫婦の言い分を聞くべく、3つのマンションを訪ねたが、残念ながら姿を見つけることはできなかった。

 今年に入り米倉の仕事が少ないのは「子作り休暇」ともいわれていたが、それも返上するようだ。テレビ局関係者は「秋から『ドクターX〜』の続編を放送することが内定したといわれている」と話す。

 部下に厳しい夫も、じゃじゃ馬・米倉を手なずけることはできなかった。

(週刊FLASH 4月21日号)

関連タグ: