「藤井フミヤの息子が、フジテレビのアナウンサー試験を受けています。アナウンサーを目指す学生は、通常は複数の局を受験しますが、彼が受けているのはフジテレビだけ。すでに内定が出ているのではという噂です」

 こう話すのは、来春入社のアナウンサー試験を受けている学生。現在、キー局のアナウンサー試験の一次面接が始まって3週間足らずだが、学生の間ではこの話題で持ちきりらしい。

 藤井フミヤ(53)といえば、’83年にデビューし、一世を風靡したチェッカーズの元ボーカル。その後もソロ活動などで幅広く活躍している。’90年に中学の同級生のまち子夫人と結婚し、一男一女に恵まれた。今回、フジテレビのアナウンサー試験を受けているのが長男のKくん(23)だ。

 だが、フジテレビの状況はまさにどん底だ。7月にスタートした連続ドラマは視聴率一桁台が続出。平日午後放送の情報番組『直撃LIVE グッディ!』は14日に平均視聴率1.1%を記録するなど、超低空飛行を続けている。さらに、同局きっての人気アナ、加藤綾子アナ(30)の退社騒動。まさに踏んだり蹴ったりなのだ。

 話題作りのために、フミヤの息子をアナウンサーに迎える……ワラをもつかみたいフジテレビとしてはいかにもありそうな話。同局関係者は次のように語る。

「局内では今春から、藤井フミヤの息子が来春入社すると噂になっているよ。去年から本人の意思は局に伝わっており、志望はスポーツ実況をしたいと話しているそうだ。他局は受けず、フジテレビ一本に絞っているようなので、入社することになると思う。最初からスポーツ実況は難しいから、『めざまし』あたりから、スタートするのでは」

 本人はこの噂にどう答えるのか。Kくんは友人たちとロックバンドを結成し、ドラムを担当している。このバンドは全国のアマチュアバンドが集うオーディションにも参加するなど、なかなかの実力派だ。

 21日、バンドは都内のライブハウスでライブをおこない、Kくんは華麗なドラムテクニックを披露。満員の客を盛り上げていた。ライブ終了後、ライブハウスの外でくつろぐKくんを直撃した。若いころのフミヤに似たさわやかなイケメンだ。驚いた表情をしながらも、きちんとこちらの話を聞いてくれたが、「来春入社のフジテレビのアナウンサー試験を……」と本誌記者が言いかけると、急に話を手で遮り、急いでライブハウスへと戻ってしまった。

 内定についてフジテレビ広報に問い合わせると「採用については、個人情報にも関わりますので、お答えしていません。まさに採用試験が始まったばかりで、そういう段階ではありません」。フミヤの所属事務所は「プライベートなことなのでお答えできません」とのことだった。

(週刊FLASH8月11日号)