image

「福山さんは髪の長い女性が好き。吹石さんも彼の好みに合わせるかのように、ずっと髪の毛をロングにキープしているそうだ」(芸能プロ関係者)

 

9月28日、最後の独身大物俳優・福山雅治(46)と電撃結婚した吹石一恵(33)。女性ファンが悲鳴を上げるなか、“あのボディ”を独り占めできる福山に日本男子は嫉妬している。

 

最近は女優やユニクロ「ブラトップ」のCMでお馴染みの吹石だが、もともとはグラビアアイドル。元近鉄バファローズ・吹石徳一氏の娘として注目され、’97年、フジテレビ「ビジュアルクイーン」に。推定Fカップを誇る抜群のスタイルで活躍した。ただ、浮いた噂は何ひとつ、出ることはなかった。

 

「父の徳一氏は地元・奈良から上京すると部屋に泊まるほど娘を溺愛していて、母も毎日22時に電話をさせるほどのお嬢様でした」(吹石を知る人物)

 

そんな彼女が心を奪われたのが福山だった。’01年、雑誌「an・an」の企画で、カメラが趣味の福山のモデルとして出会った。当時は高校卒業間近。時には手を握り合う親密な時間を終え、「しゃべりながら、すごくリラックスできました」と答えていた。

 

吹石は辛抱強く、それから14年も福山を待ち続けたことになる。

 

「すっかり福山のファンとなった彼女は、共通の知人も交えて再会。3年前に、飼っているウサギ『大吉』を連れて福山のマンションに通う姿が週刊誌で報じられた。『家で会うこと』『人に口外しないこと』など厳しい交際の条件を女性に求める福山だが、彼女はしっかり約束を守り通した」(別の芸能プロ関係者)

 

本誌も’03年、「大吉くん」と吹石の2ショットを掲載している。「彼」が、2人の恋路を見守ってきた。

 

「福山は子供好き。『40代のうちに子供が欲しい』と言っており、二世誕生も近いのでは」(福山の知人)

 

このFカップはFUKUYAMAに捧げるためだったみたい。

 

(週刊FLASH10月20日号)

関連タグ: