image

「最後に女のコとつき合っていたのは17歳のころ。だけど、そのころはもう男のコのほうが好きだったな」

 

こんがり焼けた素肌に、ロングの金髪。屈託なく笑うのは、いま日本一元気な“ニューキャマタン”GENKING(年齢非公開)。性別を超越した美しさと、持ちネタ「やーよ」を武器にバラエティ番組を席巻中だ。本名は田中元輝。本人が半生を語る。

 

「ファッションや生き方は、12歳年上の姉の影響が大きいですね。姉やその友人たちはギャルだったから、僕も影響を受けて、小4で金髪にカラコン」

 

早熟だったGENKINGは中学生になると、地元・愛知県から鈍行で5時間半かけて東京へ。渋谷に繰り出しては、年上のおしゃれな友人に囲まれて遊びまくった。

 

「日焼けサロンと『109』が大好きでした。あと、クラブでの『逆ナンパ』がすごかった。たくさんの女のコたちが迫ってくる。でもベースがオネエだから、無視してツンとしてましたけど」

 

本格的に芸能界に足を踏み入れたのは、17歳のときからだ。ジュノンボーイの愛知県選抜になったことがきっかけだった。当時の芸能活動は、雑誌の読者モデルが中心だった。だが、ある男性と運命的な出会いを果たす。

 

「19歳のころ、ヘアメイクアーティストの小椋ケンイチさんから『ちゃんとした芸能やるなら、20までにやらないとダメ!』と助言を受けて、本気でやろうと思ってたら、好きな人ができて。そのときは、モデルとして大きい広告も決まってたんです。でもギャル好きの彼のために、日焼けして、撮影で黒髪にしなきゃいけないのに金髪にしたり。結局、撮影には行かなかったですね」

 

会社員だった彼とはその後8年間にわたり同棲し、専業主婦のような幸せな生活を送ったが……。

 

「ファッションの仕事がすごく忙しくなって、彼との時間も取れず家事もできなくなった。彼に辛い思いをさせたくなかったから、別れた。距離を置くことが彼への最大の愛だと思って」

 

今年3月には、オネエであることをカミングアウトしてテレビ番組に初出演。もしほかに誘われていた事務所に行っていたら、イケメンモデルとして売り出される予定だったそうだ。さて、絶好調GENKINGの野望は?

 

「オネエで生まれてきて苦労したことも多い。いろんな人と恋愛しても、女だったらうまくいくのに、オネエだからこそ、うまくいかないことも多くて。結婚して子供を産みたいとも思ったけど、そういうことができないぶん、もっと幸せにならなきゃ。人もうらやむようなイケメンと結婚したいし、『オネエでもこんなに幸せになれる!』ということを、身を持って経験したい!」

 

やっとのことで手に入れたブレイク。長く助走したぶん、もっともっと売れなきゃ、やーよ!

 

(週刊FLASH11月3日号)

関連タグ: