image

「武田は、滅びるぞ」

 

一族には「武田は滅びない」と言った真田昌幸が、2人の息子・信幸(大泉洋)と信繁(堺雅人)にだけは、本当のことを打ち明ける。NHK大河ドラマ『真田丸』、第1話の名セリフだ。

 

昌幸を演じる草刈正雄(63)は先週、サイパンのビーチで過ごし、この名セリフを発していた。

 

「おととい(1月20日)まで家族旅行でサイパンに5日間行ってたんですけど、パパは今、役に入り込んでいるみたい。あちらでも台本にかかりきり。折れた木の枝を杖代わりにして、大河ドラマの口調で話しかけてきました」

 

草刈を“パパ”と呼ぶこの女性は、長女で現在パーソナルトレーナーとして活動している紅蘭(くらん、26)。B89・W58・H89のナイスバディとぶっちゃけトークで話題の娘が見た素顔は――。

 

「パパは家では『朝のコンビニのバナナの気持ちを考えたことあるか? それを表現してもらっていい?』なんて話しかけてきます。コメディアンみたいというか、独特のセンスですよね」

 

紅蘭は、草刈が36歳のときに生まれた初めての子供。溺愛されて育った。

 

「パパは休みの日はずっと家にいて、ソファの同じところに座ってる。私が出かけようとすると『どこ行くんだ? 何時に帰ってくる?』と質問攻め。パパは心配性なので、今日帰らないときでも『帰るよ』って言います。私、もう26歳なんですけど……。

 

高校のときに、私が彼氏を家に連れてきたことがあるんですけど、パパはショックで荷物をまとめて出て行っちゃった(笑)。それから彼氏は紹介できないですね。

 

結婚なんて大変だろうな……。パパは結婚式が苦手なんですよ。私や妹(女優の草刈麻有)が結婚するときを連想しちゃうみたいで。ずっと前に、出た結婚式の途中で帰ってきて、ママに怒られてました」

 

それだけ、草刈は家族を愛している。

 

「私が芸能の仕事を始めたときは大変で。バラエティで私が芸人さんに突っ込まれたりするのを、パパはいじめられてるって思っちゃったみたい。私自身はなんとも思わないんですけどね」

 

31年前、NHKの『真田太平記』で真田幸村を演じたとき、昌幸役の丹波哲郎さんから、草刈は日本刀を贈られた。今も大切にしている。

 

「今回、パパは2人の息子を演じる、堺雅人さんと大泉洋さんに、日本刀をプレゼントしたそうです。『俺が嬉しかったから、同じことをしてあげた』と言ってました」

 

実生活と『真田丸』の現場、両方に大切な家族がいるから、草刈の演技は光っている。

 

(週刊FLASH 2016年2月9日号)

関連タグ: