image

小雨がぱらつく、5月上旬のある夜。走り去る車に手を振り見送った満島ひかり(30)と永山絢斗(けんと、27)。人気の女優と俳優は、人目を気にするように別々にマンションの中へ消えていった。

 

都内にある満島の自宅マンションにはこの日、永山に加えて、永山の兄で俳優の瑛太(33)が、妻の歌手・木村カエラ(31)、2人の子供たちとともに訪れていた。満島の弟で俳優の満島真之介(26)の姿もあった。

 

その後、仕事へ向かった真之介を除き、夕方からみんなで近くの居酒屋へ。約2時間半の食事を楽しんで、マンションへと戻ってきたのが冒頭の場面だ。瑛太一家は車に乗り込み、2人を残して帰路についた。

 

満島のもとで夜を明かした永山がマンションを辞したのは、翌日の午後1時半だった。

 

満島は2010年10月、映画監督の石井裕也氏(32)と結婚しているが、いま、満島のそばに石井氏の姿はない。満島はひっそりと離婚していたのだ。

 

満島は現在、黒柳徹子(82)の半生を描いたドラマ『トットてれび』(NHK)に主演。永山も『重版出来!』(TBS系)に新人漫画家役で出演中。撮影の合間を縫って満島のもとを訪れる永山を、本誌は何度も目撃している。

 

「年明けに離婚が成立いたしました。永山さんとは、以前から役者同士、家族ぐるみで仲よくさせていただいており、最近になっておつき合いを始めたと聞いています」(満島の所属事務所)

 

「本人は『おつき合いは始まったばかりです。温かく見守ってください』と申しております」(永山の所属事務所)

 

離婚、そして年下俳優との新たな恋。私生活を明かさないミステリアスな女優の満島だが、素顔は恋多き女だった!

(週刊FLASH 2016年5月31日号)

 

※詳しくは火曜発売の本誌をご覧ください