image

 

11月下旬のとある日の午後、本誌は「恋愛ソングのカリスマ」西野カナ(27)の初ロマンスをついに捉えた。自らが書くラブリーな歌詞のように、西野は男性とガッチリと腕を絡めて帰宅した。

 

「西野は自身の担当マネージャーAとつき合っている。小柄だが目ヂカラの強い市川海老蔵似のイケメンで、西野は彼にかなりメロメロのようだ。交際は一部のファンの間ですでに噂になっている」(レコード会社関係者)

 

若い女性の素直な気持ちを歌った等身大の歌詞が、10代から20代に圧倒的な支持を得ている西野。お相手は歌手でも俳優でもはたまたスポーツ選手でもなく、人知れず「禁断の恋」に走っていた。

 

この日はペアルックでジョギングデートに出かけた2人。帰り道でカップ麺やお菓子を買い込んで、楽しげに談笑しながらマンションの中へと入っていった。そのまま西野の部屋で夜を過ごすと、翌朝、Aさんはここから所属事務所に出社したのだ。

 

この日以外にも、夜に「帰宅」し、朝出社するAさんの姿を本誌は目撃している。

 

西野とAさんの交際について所属事務所に問い合わせたが、締切りまでに回答はなかった。

 

「とにかく、優しすぎるってくらいの男(ひと)が好き」と語っていた西野がついに出会った理想のカレシ。今後の展開はどうなる?

 

(週刊FLASH 2016年12月13日号)

関連タグ: