image

 

「『懲役が終わって自分が出てきたらタマ取ったる。あいつはチンコロ(覚醒剤の入手先をばらす)したんだから』。ASKAにクスリを売って逮捕されたヤクザは収監前にこう話していた」(暴力団関係者)

11月28日、覚醒剤使用の疑いで再び逮捕されたASKA(58、本名・宮崎重明)容疑者は、じつは身の危険を感じていた。警察関係者が話す。

 

「ASKAは警察の『保護対象者』になっていた。ヤクザから狙われていることを自覚し、警察に相談していた」

 

ASKAが恐れていたのは、ある暴力団幹部とその組織だった。

 

「ASKAにクスリを売って逮捕されたヤクザは、裁判では一貫して否認していた。ところがASKAはわざわざ裁判に証人として出てきて『この人からもらいました』と証言した。それはヤクザの論理では許されないこと。我々は覚醒剤を売るとき、事前に『チンコロしたらどうなるか、わかっているだろうね』と釘を刺して、バラさないことを約束させる。それを反故(ほご)にしたんだから」(前出・暴力団関係者)

 

ASKAが逮捕されてから3カ月後の2014年8月、「新宿の薬局」といわれた暴力団の幹部が逮捕された。さらに組員も次々に逮捕され、組織は壊滅寸前に追い込まれた。翌2015年5月、組幹部には懲役6年、罰金200万円、追徴金153万円という重い判決が下った。

 

「ASKAの証言をもとに、警察はこの組を徹底的に追い込んだ。すでに懲役を終えて戻ってきた者もおり、ASKAを恨んでいる組員は多い」(同前)

 

暴力団に狙われたことが覚醒剤の再使用の引き金になった可能性があると語るのは、精神科医の日向野春総氏だ。

 

「彼が不安を感じる状況に身を置いていたのなら、それを紛らわせるために覚醒剤に手を出した可能性が高い」

 

――私は、アーティストという社会に影響力のある立場でありながら、社会で許されない過ちを犯したことを、深く、深く反省しております。そして、二度とこのような過ちを繰り返さないことを誓います。

 

「ありがとう。」という題で、8月にブログにこう綴っていたASKA。このころすでに覚醒剤を再開していた可能性が指摘されている。

(週刊FLASH 2016年12月20日号)

関連タグ: