4時間で2千円も!意外と知らない「韓国のラブホ事情」

人気女子アナ、ハン・ソンジュのものとされる痴態画像が流出するなど、何かと話題を呼んでいる韓国。儒教の国なだけにこれまで公開されてこなかった、“性事情”を追った。

韓国では、結婚するまで親元で暮らす人が圧倒的に多い。そのため、Hをする場所に悩める若者は少なくないのが事実だ。

もちろん日本のようなラブホテルもある。4時間で2~4000円くらい。ソウル郊外にはモーテルも並んでいるが、そちらは不倫カップルの利用が多い。ただ、お互いを「社長」「○○女史」などと呼び合ってしまい、すぐに不倫とバレるとか。

そのホテル代にも窮する若者たちはどうしているのか? ソウル在住の記者氏は言う。

「カラオケボックスや『DVD房』というDVD鑑賞室が、H目的でよく使われています。最近は、2坪ほどの空間にソファベッドやシャワーが付いた部屋が並ぶ『マルチ房』と呼ばれる施設が人気。学生街に急増しています」

また野外SEXにも、さほど抵抗はないという。ある韓国人はこう語る。

「カーSEX、人のいない長距離バスの最後部席、大学の講義室で声を殺してイタしちゃう大学生もいますよ」

(週刊FLASH 1月31日号)