元刑務官が見た、死刑囚最期の日

小川法相が「職務を果たす」と明言したことで、’11年は一度も行われなかった死刑執行が再開されることに。執行待ちの死刑囚たちが注目されはじめたが、私たちが決して目にすることのない彼らの実態とは。作家で元刑務官の坂本敏夫氏は語る。

 

「現在、死刑囚は独房に入れられ、執行を待ちます。基本的に担当の刑務官が唯一の話し相手です。起床から就寝までのほぼすべてが自由時間。読書する者や、日用品を購入するため一日わずかのお金になる軽作業をして過ごす者が多いです。刑が確定して2~3年もたつと、死を覚悟してみな、穏やかな表情になります」

しかし、現在の規則では執行の言い渡しは当日の朝だ。やはり当人のショックは大きく、たずさわる刑務官らも心に大きな傷を負うという。

「加えて、現在は執行の順番がメチャクチャです。’10年に当時の千葉景子法相が初の執行立会いをおこないましたが、処刑された2人は罪状で選ばれたようで、順番は後ろのほうだった。ものすごく抵抗され最後は担ぐように刑場に連行される、ひどい現場だったそうです。反省もないままの処刑は、被害者の方にも申し訳ないでしょう」

じつはかつては死刑囚を集団で処遇し改悛をうながし、死の準備時間を与える時代もあったという。

「死刑の存廃を論じるのは、そうした環境に戻してからではないでしょうか」。

 

(週刊FLASH 2月7日号)

 

関連タグ: