中野美奈子アナ 引退後の海外移住先は「タイ」

「今回の退社については番組スタッフにも伏せられていましたが、一部では昨年末から『’12年の3月で中野が辞めるらしい』という噂が流れていました」(『とくダネ!』関係者)

女子アナ界きっての人気者だったフジテレビのナカミーこと中野美奈子アナ(32)が今夏で退社することを発表。しかも人気アナにありがちなフリー転身ではなく、完全に引退するのだという。理由は、’10年に結婚した整形外科医の夫・Yさん(36)が海外勤務になるのでついていくからとのことだった。

そうなると、気になるのがナカミー夫妻の移住先。アメリカ説などが流れており不明だったが、本誌が入手した情報によれば、それは意外な国だった。

「どうやら東南アジア、タイに移り住むようです。夫が以前からタイの病院で研究したいという希望を持っているそうで、中野アナもしばらく夫婦で暮らす覚悟みたいです」(テレビ関係者)

ナカミーの実家は香川県で有数の病院を経営している。2人は医者一家同士の結婚だった。Yさんの両親は、いずれは実家の病院を継いでほしいと考えており、Yさんもそのつもりのようだ。そこで本誌は夫・Yさんの父親に話を聞いてみた。

「僕もテレビを見て(引退に)ビックリしたところです。海外赴任のことも、まだ直接話してないんですよ。2人は今年の正月にこちらに帰ってきました。でも、たぶん僕らから(マスコミに)伝わってはいかんということで、(引退のことは)内緒にしてたんでしょう」

(週刊FLASH4月17日号)

関連タグ: