“性の開放”が進む中国人女性「日本のAVでお勉強」

昨年、日本を抜き、世界第2位の経済大国となった中国。その発展とともに、「性の開放」が進んでいることは、共産党中央委員会の機関紙「人民日報」までが報じている。そこで、保守的と言われる中国人女性たちの”性の意識実態”を調査した。

「若い娘を口説くと、ほぼ確実に”結婚前提でしょうね”と言われます(笑)。貞操観念は日本より強い。ただ、中国では、いたるところに大人の玩具店がある。バイブやピンクローターを売る店に、普通に女性が入っていく。女のコも日本のAVで勉強するんですよね。ネット経由で手に入れて、友達同士で観ることもあるらしいです」(上海在住のライター・大塚敦氏)

今回、痛感したのは、日本のAV文化の圧倒的な影響力だ。「日本のAVを見て、すごくラクになりました。ああ、こんなことをしてもいいんだ。エッチに善悪なんてないんだってことを教えられました」と28歳主婦が語ったかと思えば、「以前は正常位でしかしなかったけど、日本のAVでいろんな体位を知って試しています」と25歳フリーター女性も続ける。

歌舞伎町案内人でコラムニストの李小牧氏は、こう話す。

「GDPで中国が日本を抜いたのは事実ですが、日本人はあまり自信を失わないほうがいい。いろんな分野において、日本の影響力はいまも大きい。そのひとつがSEX文化。中国のネットの発達によって、日本の極限まで進化した性文化がどっと流入してきた。ある意味、文化大革命ならぬ性文化大革命が日本の性文化によって達成されたわけです」

(週刊FLASH5月29日号)