「料理研究家の森崎友紀は下着エプロンで料理」Wikipedia真相を本人直撃

『Wikipedia』とは、みんなで作るインターネット上の百科事典。ユーザーが誰でも書きこみや編集することができ、情報は日々充実していく。しかし、誰でも書きこめるため、なかには真偽不明な情報もちらほら。そこで、本誌が本人に直撃。「これ、ホントですか?」

森崎友紀は、《下着にエプロン姿で料理する》

「まったくのウソです。油がはねてやけどしたり、危険なので必ず服を着てエプロンします。調理的に絶対にしてはいけない行為です!」

現在では、『森崎友紀のおはよう!Yu-kitchen』(文化放送)にレギュラー出演するなど、様々なメディアで活躍中の森崎友紀だが、男たちの期待が膨らむそんな質問に、本業の料理研究家として真摯な顔を見せ、こう答えてくれた。

「何かで答えたことが、そういうニュアンスで報じられたのかもしれませんが……。そういえばレシピ付き写真集を出したときも、背中が大胆にあいたホルターネックの民族衣装風の衣装の写真が表紙なのですが、よく下着にエプロン姿と間違われたんです(苦笑)」

よって、この記述は【ウソ】と判明!

そのほか、ウィキには彼女が《大阪府大阪市出身》とあるのだが、「これも違います。堺市です」とのこと。なぜ大阪市なのか本人も心あたりがないという。

(週刊FLASH 9月11日号)


 

関連タグ: