ブックオフや中古ショップで、1001,000円程度で投げ売りされているアダルトDVD。いま、ある特定の中古作品がコアなファンによって超高値で売れているという。例えば、4本に出演しただけで引退した伝説の美人AV女優・大石あやかの作品『KUKI ピンクファイル』は、中古入手価格500円が、ネット価格では25,00050,000円で取引されるそうだ。

他にも、’07年にアイデアポケットから元ファッションモデルといてデビューした伊藤エリが、デビュー前に別の名前でAV出演していた作品『関西デリヘル娘の裏本番
Vol.3 かおり』は、中古入手価格980円がネット価格では28,00050,000円に。AV初の「自宅分娩での出産シーン&後産」を完全収録した畑山夏樹『臨月美女のSEX・出産』は、1,000円が15,000円に。伝説のあの番組の名シーンを集めた『ギルガメッシュNIGHTリターンズ』(全6巻)は、100円がなんと25,000円まで跳ね上がるという。

ここまで高値になる秘密は、「ネットオークション」と「高値になる”特殊”な価値」にあるらしい。では、どんなアダルトDVDが高値になるのか?
月に100本のAVを鑑賞し、過去に観た作品は1万本を超える”AVマイスター”東風克智さんに聞いてみた。

「アソコのモザイクをかけ忘れて回収された作品は、確実に高値になります。ただし、その後モザイクを入れ直して再販売されたものは対象外。同様に数量限定で発売されたものも、希少価値から高値になりやすいでしょう。ほかにも”妊娠出産もの”のように、一般受けしないジャンルながら、一定のコアなファンから評価されている作品は、高値で安定します。着エロ業界も年々過激になってきており、年に何作かは回収&廃盤になってプレミア化する作品がありますね」

中古店で前述のようなDVDを見つけたら、ヤフオクなどのネットオークションで販売すれば、数十倍の値がつくことは珍しくない。東風さんによれば、地方在住のサラリーマンが週末だけで月20万円以上を稼ぐケースも多いという。ただし、出店先によっては有名になりすぎた作品は削除されるケースがあるので注意が必要だ。それでは以下に、高く売れる中古DVDを見つけるための「目利き3カ条」を挙げておこう。

【一、回収作品は高値確実!
常に新作情報を仕入れろ】2ちゃんねるのアダルトカテゴリー内で「新作が発売後すぐに回収された」という情報が手に入る場合がある。毎日一度はチェックすべし。

【一、店長に顔が利く新作ビデオ店を1軒持て!】メーカーから回収要請がビデオ店にきた際に、店長に取り置きしてもらえることができれば最強だ。マメに顔を出して、たまに購入してあげたい。

【一、仕入元はブックオフか、個人経営のビデオ店で】ブックオフや個人経営の小さなビデオ店ではお宝価値が判断できず、思わぬ一級品が眠っているケースも多い。旅行がてら地方の店舗もチェックを!

(週刊FLASH 1016日号)