今年の初めにはまだ女子大生だった新人アナウンサー・宮澤智(22)が、フジテレビ系の看板スポーツニュース番組『すぽると!』火曜〜木曜のキャスターに大抜擢された。

宮澤アナ、じつは元アイドル。早大在学中の’0910月に、綾瀬はるかや石原さとみを輩出した『ホリプロスカウトキャラバン』に出場。これをきっかけにタレントになった。’10年3月からは、午前の情報番組『PON!』(日本テレビ系)のお天気お姉さんに。共演していた、同じホリプロ所属の澤山璃奈とユニット『どPーカン』として番組のテーマ曲も歌っていた。

また、昨年4月にはイメージDVD『あおぞら』を発売。パッケージではベッドの上で太ももをあらわに。気になるその中身は寝起きシーンから始まり、得意のクラシックバレエで180度開脚を披露したり、口元から牛乳をこぼさせるシーンまである!

中野美奈子、平井理央らアイドルアナが次々と寿退社。世代交代が迫るフジテレビで、次期エース候補として期待される宮澤アナ。その実力をフジテレビ関係者はこう話す。

「元お天気お姉さんの経歴を買われて、10月から看板番組の『すぽると!』に抜擢されたが、まだスムーズに的確なコメントができていない。フジは人気女子アナが育つと退社する流れが止められず、人材不足。女子アナの育成が至上命題で、宮澤アナへの周囲からの期待は大きい。本人もそれを感じていて余裕がない」

また、別のフジテレビ関係者はこう評する。

「いまの宮澤アナはキャラが薄い。女子アナはたいてい、前に大きく出てアピールするのがうまいけど、彼女はなんだか小さくまとまっている感じで損している。スポーツ選手へのコメント取材でも、押しの強さが感じられない。強いて挙げるなら、宮澤アナは中井美穂さんタイプかな」

9月、ペナントレース終盤の取材では、携帯電話を2つ持って、メモ帳抱えて走り回っている姿が見られた。中井美穂先輩を目指して、ガンバレ!

関連タグ: