5月にホタルイカを3週間食べつづけ、4.4キロのダイエットに成功した本紙記者だが、結局リバウンドして83.7キロに戻っていた。そこで今度は「飲むだけ」ダイエット。巷で話題の特保(特定保健用食品)飲料でのダイエット企画にチャレンジした。

92983.7キロ。ヘルシア緑茶を買い込み、12本を目安にダイエット実験スタート。

10584.3キロ。気のせいか、汗をかく量が増えたような…。これこそ脂肪が燃えている証拠と希望が胸にこみ上げてくるが、なぜか0.6キロ増えている。ヘルシア緑茶の焼酎割りと松屋の定食大食らいは効果なしなのか?

国立健康・栄養研究所の千葉剛博士に話をきいてみると……「ただ飲むだけでは痩せませんよ。まず第一に運動。そして食生活の改善が必要です。そのうえで特保を使えば、プラスαの効果が出る。つまり生活改善しなければほとんど効きません」

では、今年バカ売れした『キリンメッツコーラ』と併用はどうか?「成分は違うので、併用しても問題はありませんが、飲むだけで痩せる可能性はほとんどないですよ」と千葉先生。しかしともかく、ヘルシアとメッツコーラを11本づつ飲むことに。

11282.5キロ。朝起きて飲むヘルシアが習慣になってくる。少々苦いが、目が覚める。しかしスタート35日め(併用してから29日め)。体重はわずか1.2キロ減。80キロ超の体重を考えると、これはもはや誤差の範囲だろう。

このままでは1カ月飲みつづけた苦労が水の泡になってしまう。やむをえない、運動するしかなさそうだ。悩んだ末、選んだのは自転車通勤。自宅から編集部まで片道1213キロ。往復で約25キロだ。1時間10分、漕いで漕いでようやく編集部に着く。帰りも深夜の道を一心不乱にペダルを漕ぐ。せっかくなので食生活も改善した。炭水化物を減らし、なるべく野菜を。ご飯はなし。

111580.5キロ。スタートから45日め、健康診断をうけた。なんと中性脂肪は186から136へと激減し、基準値内へ収まっている!結局、目標の80キロ突破はならなかったが、体重は3.2キロ減とまずまず。飲んだのはヘルシア55本、メッツコーラ30本で、計15135円。実験を終え、千葉博士の言葉を思い出した。

「特保は毎日飲んだらけっこう高くつきます。それでも使う価値があるかを判断していただいたほうがいいかなと。私個人の意見としては、特保を使わなくても、普通に運動して食生活を改善すれば十分だと思いますよ」

たしかに、自転車をやめたらすぐにリバウンドしそう。

(週刊FLASH 124日号)