(写真:スパイス提供)

いま、ネットで話題騒然の少女「水越万里菜」をご存じだろうか。きっかけは、Twitterに急きょ浮上した水越のプロモツイート。そこには「今年ブレイク必至」「雑誌、映画、ドラマDVDなどで活躍!!」といった謳い文句が並ぶ。

 

しかしアップされた画像は、宣材でなく自撮り画像。フォロワー数は160人程度であり、彼女を絶賛するツイートも“捨てアカウント”とおぼしきものばかりだ。

 

また、5月28日には彼女とあらゆる有名女優たちを比べて「どっちが可愛いですか」といったトピックがYahoo!知恵袋に大量発生。29日にはWikipediaに水越のページが登録されているが、編纂と削除が繰り返されている。

 

そして水越のオフィシャルブログは、昨年3月21日付けの投稿で停止している。その異様さから「自作自演?」「水越万里菜は実在するのか」「何か事件に巻き込まれているのでは」と訝しむ声が上がっていた。

 

実は以前、伊藤万里菜と言う名前で活動していた水越。プロモツイートのアカウントに所属先として書かれていた「スパイス」へ問い合わせると、「万里菜は中学卒業と同時に、13年に退社しています」として元担当者はこう明かした。

 

「退所して以降も、万里菜とはやりとりしています。先月も手土産を持って来社していますし、近況報告を受けました。ですが、ブログを再開しているというのは知ったばかりです」

 

17年1月に旧アカウントのブログで「復活」を宣言している水越。ファンブログによると、翌2月25日から3月20日の間に「水越」姓へと改名したようだ。

 

元担当者は「業界に復帰したいとは聞いていました。だから思い入れのあるブログをホームに、ファンと交流がしたかったんでしょう。改名は、心機一転という意味もあるんじゃないでしょうか」と推測する。

 

ブログ停止直前の2月、現在は削除されているアカウントがTwitterで「水越万里菜ちゃんはアニメに例えると誰に似ていると思いますか」とツイート。さらに停止の翌4月、「美しい顔のドアップ画像だけが貼られるのを許されるトピ」という投稿サイトにも、水越の自撮りが。7月にはFacebookアカウントも開設されているが――。

 

プロモツイート含め、本人が“自作自演”しているのだろうか。「スパイス」の元担当者はこう語る。

 

「本人に確認すると『これらは私じゃない』と話しています。もともと内気な努力家なので……。『水越万里菜スタッフ(公式)』というアカウントにTwitterでリプライしましたが、反応はありません。誰が、どんな意図があって“プロモーション”しているのか。当社としても、懸念するばかりです」