深田恭子に“破局危機”報道 本誌が見た献身デートから1年…あまりの激変に心配相次ぐ

投稿日:2022/05/12 15:50 更新日:2022/05/12 15:50
深田恭子に“破局危機”報道 本誌が見た献身デートから1年…あまりの激変に心配相次ぐ

昨年5月に適応障害のため、芸能活動を休止していた深田恭子(39)。約4カ月の休養期間を経て昨年9月にInstagramで活動再開を報告し、こう意気込みを綴っていた。

 

《はじめは小さな一歩かもしれませんが、一歩、一歩、皆様への感謝を忘れずに、私が頂きましたように誰かを勇気づけたり、明るい気持ちになって頂ける、そんな姿でお仕事ができたらと思っています》

 

今年4月4日には、都内で開催された「午後の紅茶 ミルクティー 微糖」の誕生記念セレモニーに出席した深田。各メディアによると、淡いブルーのワンピースに身を包み、元気そうな姿を見せていたという。

 

そんな深田だが、’19年1月に交際が報じられた不動産会社「シーラホールディングス」会長の杉本宏之氏(44)と“破局危機”にあるというのだ。

 

5月10日配信の「NEWS ポストセブン」の記事によると、4月下旬のある日、午前4時過ぎに芸能人御用達のバーで口論していたという深田と杉本氏。「もう無理だから!」「別れよう!」といった言葉も飛び出し、激しい諍いの末、杉本氏は1人タクシーに乗って去っていってしまったと報じられている。

 

「記事では、ケンカの原因は深田さんの度重なる深酒と昼帰りにあったと伝えています。杉本さんはもともと結婚前提で交際しており、休養中も献身的に彼女をサポートしていました。そんな彼が『別れる』とまで言ったというのです。猛省した深田さんは杉本さんに平謝りして何とか破局を回避できたとのことですが、危機は依然として続いているとも報じられていました」(芸能関係者)

 

長期休養も危惧された深田だが、順調に復帰できたのは杉本氏のサポートが大きかったという。昨年6月、イベントに出席した杉本氏は深田の名前を出すことはなかったが、「支えていきたいですね」と公言していた。

 

 


21年5月、女性店員の助けを借りながら高級寿司店から帰る深田

 

■5万円高級寿司デート、3千万円の高級車

 

そんな杉本氏と二人三脚で歩む深田の姿を、本誌も見てきた。今からちょうど1年前、深田が活動休止を発表する直前のこと。当時は緊急事態宣言下で、営業時間の短縮が要請されていた。

 

間もなく閉店する夜8時前、都内にある高級寿司店から姿を現したのは杉本氏。するとその後に続いて、白いTシャツに黒いパーカ姿の深田が。女性店員の腕を借りて出てきた深田は、杉本氏が先に乗った車に乗り込んで去っていった。

 

「この寿司店の会員数は、ごく少人数で厳選されたメンバーのみ。1日1組限定の完全貸し切りのプライベートレストランで、値段も1人5万円ほどかかる高級店です」(グルメ誌ライター)

 

さらに本誌は昨年9月に、杉本氏が新車に乗り替えたことを報じている。

 

「杉本さんが購入したのは、ベンツの最高級車です。価格は3千万円以上で、決められた期間内に注文しない限り納車されない貴重な車だと聞いています。深田さんが療養中、自宅に籠りきりで気分が晴れない日は、買い替えた新車でドライブに連れて出かけていたそうです」(2人の知人)

 

「結婚間近」とも言われ、ラブラブぶりを見せていた深田と杉本氏。だが本誌が1年前に目撃した献身デートのときとはあまりに違う今回の“破局危機”報道に、心配の声が上がっている。

 

《どうしてこうなった…》
《本当ならかなり心配だが。。》
《心配だな深田恭子!大丈夫かなぁ!》
《無理せずゆっくり静養して欲しい》

ちらの記事もおすすめ

カテゴリー