黒島結菜 小学生時代に駅伝大会で優勝!朝ドラの快足熱演育んだ“体育会”教育

投稿日:2022/05/13 06:00 更新日:2022/05/13 11:50
黒島結菜 小学生時代に駅伝大会で優勝!朝ドラの快足熱演育んだ“体育会”教育

「朝ドラで快足を披露している黒島さんですが、テレビで映えるように走る際の重心の置き所や腕の振り方、足の上げ方などを工夫しているそうです」(テレビ局関係者)

 

現在放送中の朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK)でヒロインを務める黒島結菜(25)。料理人を目指す少女・比嘉暢子を熱演している。

 

「暢子は活発な女のコで、運動神経抜群。作中では男子に徒競走で勝つシーンもありました。そんな今回の役柄と同様に、沖縄出身の黒島さん本人も走ることが大の得意。子供のころから足が速く小学生のときには糸満市の駅伝大会にアンカーで出場し、優勝したことがあります」(スポーツ紙記者)

 

“爆走少女”ぶりは、大人になってからも変わらず、’17年の主演ドラマ『アシガール』(NHK)、’19年の大河ドラマ『いだてん』で疾走している。

 

黒島は走る演技について、’19年6月にWEBマガジン「MELOS」のインタビューでこう語っていた。

 

《『いだてん』でも、皆さんから「大変そうだね」「身体をはっているね」と言われるんですが、走ることは好きですし、これくらい余裕だという気持ちです。アシガールの経験があるので、転んだり、なんでも大丈夫です》

 

黒島自慢の脚力は“親譲り”だと前出のテレビ局関係者は言う。

 

「運動が得意で、礼儀正しく上下関係を重んじるところがある黒島さんは『体育会系なとこあるよね』と、スタッフに言われていました。これに『元々お父さんもお母さんもスポーツマンなんで、その影響で……』と答えていたそうです。家族で沖縄で開催されたフルマラソンの大会に出たこともあるとか」

 

一家でのマラソン大会出場は、祖父の悲願だったようだ。

 

「70歳を超えてもフルマラソンを趣味とする祖父の『孫たちと一緒に走りたい』という夢のために、黒島さんのお父さんが企画したそうです。黒島さんも忙しいなか沖縄に駆けつけて、黒島さんの2人の妹や、いとこを含めて総勢10人が参加したといいます。

 

’19年12月に行われたのですが、冬にしては気温が高く、残念ながら黒島さんの祖父と黒島さんは途中でリタイアしたと聞いています。高校時代にバドミントンの全国大会に出場経験のある妹2人とお父さんは見事に完走しました」(前出・スポーツ紙記者)

 

黒島の快足で朝ドラに“どんどん”勢いがつくかも!?

ちらの記事もおすすめ

カテゴリー