中森明菜“育ての親”が急逝で遠のく復帰…活動再開にも「動く」と宣言していた伝説的プロデューサー

投稿日:2022/12/09 06:00 更新日:2022/12/09 06:00
中森明菜“育ての親”が急逝で遠のく復帰…活動再開にも「動く」と宣言していた伝説的プロデューサー

すべての画像を見る

「夏ごろ寺林さんから電話をもらって“明菜どう思う?”なんて聞かれていたのですが……。突然の訃報で、驚きました」(芸能ジャーナリストの渡邉裕二氏)

 

11月28日、音楽プロデューサーの寺林晁さん(享年77)が肺炎のため亡くなった。中森明菜(57)の“育ての親”として、音楽業界では伝説的な人物だった。

 

「寺林さんは“明菜以上に衝撃を受けた新人はいない”とその才能に惚れ込み、デビュー前からの8年間、制作や宣伝を統括してきました。矢沢永吉さんも手掛けていたため、永ちゃんの大ファンだった明菜はすぐに距離を縮めたそうです」(スポーツ紙記者)

 

2年連続で「日本レコード大賞」を受賞するなど輝かしい実績を誇る明菜。寺林さんはそんな彼女の楽曲制作やメディア活動に携わっていた。さらに、寺林さんと明菜の関わりは“表の仕事”にとどまらなかったという。

 

「恋愛スキャンダルや事務所とのトラブルなども目立った明菜さんでしたが、寺林さんは公私にわたって支え、後ろ盾となりました」

 

こう語るのは、古参のレコード会社関係者だ。

 

「当時交際していた近藤真彦が地方公演で滞在していたホテルに、明菜さんを送り届けるようスタッフに指示をしていました。のちに明菜さんの恋人とも報じられた前事務所のマネージャーA氏も、寺林さんの紹介だそうです」

 

明菜は’89年に所属事務所から独立すると、芸能界で孤立無援となってしまう。そこでも手を差し伸べたのは寺林さんだった。

 

「’02年、寺林さんは明菜さんのデビュー20周年に合わせたカバーアルバム『歌姫』シリーズをプロデュース。大ヒットとなり、14年ぶりに『紅白』にも出場。明菜さんを見事に復活させたのです」(前出・レコード会社関係者)

 

明菜は今夏、新たに個人事務所を立ち上げ、’17年末のディナーショー出演以来の再始動を宣言。しかし、3カ月が経過しても具体的な動きは伝わってこない。噂されていた『NHK紅白歌合戦』の出場者リストにも、現時点では明菜の名前はない。

 

今回は寺林さんによるプロデュースではなかったのだろうか。前出の芸能ジャーナリスト・渡邉氏に聞いた。渡邉氏は著書『中森明菜の真実』(MdN新書)を10月に出版し、寺林さんとは長年の親交があった。

 

「明菜さんが『歌姫』シリーズの選曲の際に、『最終的には寺林さんに任せています。私のことをいちばんわかってくれている人だから』と話していたのが印象に残っています。

 

活動休止中の明菜さんが公式ツイッターを開設したのが8月30日。ニュースで見たあとに、寺林さんから電話がありました。“こっちも(明菜の活動再開に向けて)いろいろ動く”と。

 

寺林さんが亡くなったことで、明菜さんの復帰が遠のいてしまったのは間違いないでしょう」

 

明菜を知る別の音楽関係者も、寺林さんの動向を聞いていた。

 

「2人は今年の夏以降に復帰プランを話し合うことになっていたそうです。体調を崩していた寺林さんですが、まさかこんなに早く亡くなるとは……。明菜さんにとっても想定外だったでしょう」

 

キーパーソンの急逝で、明菜の復活に暗雲が立ち込めている。

ちらの記事もおすすめ

カテゴリー