image

(C)2018「海を駆ける」製作委員会

 

主演映画『海を駆ける』が5月26日に公開されるディーン・フジオカ(37)にインタビュー【その3】。本作は戦争と津波の記憶が残るインドネシアのバンダ・アチェを舞台に、謎の力で奇跡を起こす正体不明の男を描いたファンタジーだ。

 

――現在、主演ドラマ『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』(フジテレビ系・木曜22時~)も放送中。“逆輸入俳優”として日本で活動を始めて3年です。いまの状況をどう思っていますか?

 

「すごく恵まれていると思います。幸運だな、と。でも一方で、これは一過性のものだと捉える自分もいます。物事って流れていくから、ずっとこういうかたちで仕事をしていけないだろうな、と。だからこそ、密度の濃い日々を送れていることを感謝したいですね」

 

――将来を楽観視していないということ?

 

「いや、どうやっても生きていけると思っているので、だいぶ楽観視していますよ(笑)。

 

ただ人間、明日何が起こるかわからないじゃないですか。いきなり声が出なくなるかもしれないし、怪我して体が動かなくなるかもしれない。だからこそ、まずは健康第一、安全第一で。人生一度きり、限られた時間をやっぱり大切にしなきゃなって思いますね」

 

――まさに、『海を駆ける』のテーマにもある“人生は不条理だから”という感じですね。

 

「本当にそう思いますよ。それこそ日本で最初にやった仕事のとき、それをすごく感じたんです(笑)」

 

――映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』(2013年)のときですね。

 

「そうそう。スムーズにいかなくて、“ああ、人生って不条理だ!”と思っていましたね。

 

でも、逆をいえば、何が起こるかわからないということは、いま固まってしまったものが変わる可能性もあるっていうことで。変化は悪いことばかりではないんですよ。

 

物事というのは時代とともに変わっていきますし、そのときどきによって、また新しいことができるんじゃないかなあと思っていて。そういう意味では、ポジティブに考えているつもりです」

 

――日本での活動でまだやれていないこと、やりたいと思っていることは?

 

「映像の仕事に関しては、『海を駆ける』のような企画は、これからも挑戦してみたいことの一つですね。僕自身、一つの場所にこだわってやってこなかったからかもしれないですけど、映像の仕事にしても、ほかの仕事にしても、もっと広いイメージでやっていけるといいなあと思っていて。

 

そういう意味でも、『海を駆ける』は、ヨーロッパとアジアの共同制作。しかも、バンダ・アチェで撮ったというのがすごくチャレンジングな企画です。映像制作の機能やシステムがない、そのうえ、ジャカルタと全く文化の違うアチェにジャカルタからコアのチームや機材を持っていって、アチェのローカルのスタッフ、そこに日本のスタッフがディレクションで入って、と。

 

そういうところですよ、“本当にアチェでやるのか?”と思った理由は。おそらく、インドネシア人さえもやろうと思わないだろうし、ゆえに、この作品が開いた道というのは大きいんじゃないかなあと思います。

 

映像としても、劇中で、ヒジャブ(イラスラム教徒の女性が被る布)を被った女のコと日本の大学生が、恋愛トークを自然に繰り広げていますが、そういう画が国を超えて人々の目に映ることは意義のあることだと思います。まだ顔も知らない親友、もしくは恋人に出会える可能性は無限にあると感じていただけるとうれしいですね」