女優・黒谷友香さんが体験。半島で実現するワーケーションとは

[PR] 投稿日:2022/12/03 06:00 更新日:2022/12/03 06:00
女優・黒谷友香さんが体験。半島で実現するワーケーションとは

すべての画像を見る

雄大な自然に包まれて、暮らす、働く。二拠点生活や移住の選択肢として注目されているのが、紀伊半島の南西部に位置する和歌山県・南紀白浜。“新しい働き方と暮らし方”が見つかる魅力の詰まったエリアを、二拠点生活の先駆け的存在の女優・黒谷友香さんとともに巡ります。

 

南紀白浜空港、JR白浜駅から約10分という好立地にあり、南紀白浜観光の拠点としても人気を集める「SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE」。和歌山県も推奨するバケーションとワークの快適な両立”ワーケーション“のスタイルを取り入れた、次世代型の宿泊施設です。

 


 

アドベンチャーワールドや白浜海岸など観光名所へのアクセスが良く、“美味しい和歌山”を堪能できるレストランも充実しています。ホテル棟の隣には、ビジネスやワーケーション、長期滞在に便利なレジデンス棟「SEAMORE RESIDENCE」が併設。ゲスト同士が情報交換できるシェアリビングや打ち合わせにも便利なセルフキッチンがあり、紀伊半島の自然に癒されながら“暮らすように過ごす&働く”という心地のいいライフスタイルの形が見出せそうです。

 


 

また、「SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE」の映えスポットといえば、インフィニティ足湯。太平洋を独占したような圧巻のロケーション、天気のいい日は徳島県のシルエットまで確認できます。宿泊しなくても利用可能(無料)で、新名所として話題です。「きれいな海を独占した気分。この景色とちょうどいい湯温、いつまでもここにいられそう」と黒谷さん。横幅30mのワイドサイズ、一列に並んで視界を遮られることなく絶景を楽しめます。

 


 

ほど近くには白良浜(しららはま)があります。地名の由来は620m延びる白砂の浜。白く輝く砂浜と宝石のように水面煌めくエメラルドグリーンの海の美しいコントラストは、和歌山県のみならず日本が誇るべき楽園。その魅力を守るため、地域の人々が清掃活動に取り組み、環境省が認定する「快水浴場百選」にも選ばれています。「サラサラの白砂。こんなにきれいな砂浜は、守る人の努力があってこそ」と黒谷さんも感動。

 

さらに、動物とのふれあいは日々の疲れを優しく癒してくれる力を持っています。140種類約1,400頭の動物が暮らし、世界が注目するパンダファミリーにも出会える「アドベンチャーワールド」。「一日中どころか、何度訪れても新しい発見がありそう」と、初めて訪れる黒谷さんもワクワクのご様子。

 


 

ジャイアントパンダの繁殖実績日本一を誇り、現在は7頭のジャイアントパンダがここで暮らしています。広大な敷地を生かした恵まれた環境で、ありのままの姿で伸び伸びと過ごすパンダの姿が窺えます。お父さんパンダの永明(えいめい)は16頭の父親、お母さんパンダの良浜(らうひん)は10頭の子育て経験が。地元や観光で訪れる人たちの愛情が繋いできた家族の絆。「白浜町に暮らしたら、成長を見守る楽しみもありますね」と黒谷さん。

 

【INFORMATION】

黒谷友香さん 公式サイト

黒谷友香さんが和歌山県で出合ったモノやコトについて、詳しい内容は「半島は日本の台所」サイトで読むことができます!

ちらの記事もおすすめ

カテゴリー