明洞の母が贈る福神の刻印と幸運の念を封印した開運ブレス

限定200個販売 定価8,400円(税込み)

image

image image

明洞の母 キム・ヨンジャさんとは

image

「ソウルの明洞に、めちゃくちゃ当たる占い師がいるんです。何人も友人を連れて行ったんですけど、あまりに当たるんで、みんな感激してしまって。最後は必
ずと言っていいほど泣きながら店を後にする。ホント“明洞の母”って感じなんです」熱狂的な韓国通の女性からこんな情報が本誌に寄せられ、取材班がソウル
へ飛んだのは今年の春。そこで、出会ったキム・ヨンジャさんは韓国ならどこの町にもいそうな、優しそうなオモニ。でも、この彼女こそが、泣く子も黙る、
否、どんな女性も号泣させる “明洞の母”その人だった。

キム・ヨンジャさんの不思議な力は、少女時代からあったという。原因不明の頭痛に襲われ、それは決まって人の“死”が近くにあったという。大人になり、結
婚、出産を経て、苦労を重ねながら、普通の母として家庭を守り続けたキムさん。自分の特別な力に気付いたのは、彼女が40歳になってからだった。93年、
興味本位で見学に行った中国・吉林省の気功学校。
「昔から気功に興味があって。それで、中国の高名な気功師・楊雷先生を訪ねたんです。1000人もの生徒がいるなかで、先生は突然私を指差し“あなたには能力がある!”と教えてくれたんです」
以後、韓国—中国間を何度も往復し、気功のエキスパートになったキムさん。97年、まずソウル・東大門に気功の治療院を開業。その後、並行して手相、四柱推命、タロットなど占いの研究を重ね、2000年に現在の場所、明洞に拠点を移した。
四柱推命などを駆使し、鑑定相手の運勢を占いながら、気功で体の様子も同時に探るのがキムさんのスタイル。この手法で数々の奇跡を起こしてきた。目が不自由な人の視力を回復させたり、立てなかった人を立たせたり、ときには医療の専門家が思わず唸ってしまうこともあるという。

『福神』が書かせた不思議な書を刻印

image

そうやって、たくさんの人を救済しているうちに、キムさんは自分の不思議な力の源にある、霊的存在に気がついたという。
「私は勝手にその存在を『福神』と呼んでるんですが。私が何かをしようとすると、耳元で囁いて正しい方法を教えてくれたり、私に力を貸してくれるんです」
いまでは誰かを占うときも、またその人に助言を与えるときも「実は福神が私にそうさせている」とキムさんはいう。キム・ヨンジャさんの不思議な力の源『福神』。その『福神』がキム・ヨンジャさんに書かせた文字を刻印したのが今回限定発売する『明洞の母 福神ブレスレット』だ。キムさんい神秘の力を与える『福神』自ら書かせた、その証を刻印。一つ一つのブレスに封じ込められたパワーがきっと、あなたに幸運を招くでしょう。