パク・ヨンハさん献花式の様子と家族からのメッセージ

ヨンハを支えてくださった皆様へ

何からお話すればいいのか、未だに流れる涙を堪えることができません。
私たち家族もまだ大きな悲しみを感じています。
この現実を受け止めるにはまだまだ時間が必要だと思います。

自分の仕事を愛していた、夢も多かったヨンハ、
家族と一緒にもっと幸せになりたかったヨンハ、
身も心も健やかで、明るかったヨンハは、
残念ながら、もう、私たちのそばからいなくなってしまいました。

いつも明るく朗らかで、仕事のことをとても楽しそうに語っていたヨンハが、
なぜ突然いなくなってしまったのか、私たち家族もその理由を知ることができません。

これまで私たち家族は、ヨンハの芸能活動、YONA Entertainmentの
経営には一切携わってきませんでした。

しかしこれからは、ヨンハの遺志を継ぐために、
今日までヨンハを支えてくださった皆様と、私たち家族で
ヨンハがこれまで残してきたものを大切に守っていきたいと思っています。

ヨンハを支えてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

遺族代表
朴蕙姸(Park Hye Yeon)

용하를 도와주셨던 여러분들께

어디부터 말씀을 드려야 좋을지, 아직도 흐르는 눈물을 참을 수가 없습니다.
저희 가족도 아직 커다란 슬픔을 느끼고 있습니다.
이 현실을 받아 드리는데는 아직 시간이 필요하다고 생각합니다.

자기 일을 사랑한 용하, 꿈도 많았던 용하,
가족과 함께 더 행복해지고 싶었던 용하
몸도 마음도 건강하고 밝았던 용하는
안타깝게 더 이상 우리 곁에 있지 않습니다.

항상 밝고 명랑하며 일 이야기를 즐겁게 들려주었던 용하가
왜 갑자기 떠나버렸는지 저희 가족도 그 이유를 알 수가 없습니다.

지금까지 저희 가족은 용하의 연예활동, YONA Entertainment의
경영에는 일절 관여하지 않았었습니다.
하지만 앞으로는 용하가 남기고간 유의를 잇기 위해서,
오늘까지 용하를 도와주셨던 여러분들과 저희 가족이
용하가 지금까지 남기고 간 것을 소중히 지켜나가려고 합니다.

용하를 도와주셨던 여러분,
정말 감사합니다.

유가족 대표
박혜연

●当日の様子

ステージ上に設置された遺影の写真は、2009年7月29日に発売された、ミニアルバム「ONCE IN A SUMMER」のジャケット、アーティスト写真撮影時に韓国で撮られたものです。同商品には使用されなかった未公開写真となります。
 
遺影のまわりに飾られたお花は「カラー」(白黄色)と言う花で本人が好きな花でした。その他のお花は「デルフィニューム」(薄紫、青)、「ちどり草」(小さい白)です

ご遺族は16日(金)に来日されました。母、姉、義兄のお三方でいらっしゃいました。本日9:30過ぎに一番最初にお三方で献花されました。

著名人の献花ですが、本日9:30過ぎに、つんく♂氏が献花されました。つんく♂氏は、パク・ヨンハ氏の業務提携先の事務所であるアップフロントエージェンシーの先輩に当たり、プライベートで食事やカラオケなどに行っていた。

スクリーンに写されていた写真は約30点。6/19、6/20よこすか芸術劇場、6/26川口総合文化センター・リリアでのコンサートを撮影した写真が使用されています。

花にお越しいただいた方には、「献花御礼」が渡されました。前述の6/26川口公演の写真にパク・ヨンハの直筆メッセージを入れたもの、そして遺族代表である、パク・ヘヨンさんのファンの皆様に宛てた感謝のメッセージがプリントされたものです。

 

パク・ヨンハさん献花式に韓国の遺族、ファンら14,200人が参加

関連タグ: