image

先週、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でアナキン・スカイウォーカー役を務めた元俳優ジェイク・ロイド(26)が無謀運転の容疑で逮捕された。逮捕時に偽名を名乗ったり、暴れたりと尋常ではない様子であったことが伝えられたが、一連の異常行動は統合失調症によるものであったようだとTMZが伝えている。

 

TMZによると3月26日、インディアナポリス市警はロイドの母親から、息子から暴力を受けているとの通報を受け自宅に急行。ロイドは現れるなりドア越しに「おまえが俺の人生を台無しにした」と怒鳴り、無理矢理室内に押し入って母親を3〜4回踏みつけたという。これにより彼女は腕に擦過傷と挫傷を負った。警察が到着したときには、ロイドは既にその場から立ち去っており、母親も息子を告訴することは避けたという。

 

TMZの取材に対し母親は、ロイドが19歳のときに統合失調症を発症していたことを明かした。家族や支援者の助けと投薬治療で症状は抑えられていたが、ロイドは3月の襲撃の頃から服薬を止めていたという。

 

コレトン郡警察が公表したジェイク・ロイドの免許証写真
Colleton County Sheriff’s Office

関連タグ: