Photo_10 ヨン様の親友を青森で特写!
異国のロケで絶対に必要なものは・・・『やっぱりキムチだね(笑)』

 
 来春公開の映画『素敵な夜、ボクにください』で日本映画初進出のキム・スンウ(37)に密着。映画撮影が行なわれていたのは、カーリングの聖地・青森県。
「やっぱり氷の上は寒い(笑)」と、撮影の苦労を語っていた彼だけど、さすが韓国で野球チームを結成しているスポーツマンだけあって、「撮影前に“筋肉痛になるよ”と、ずいぶん脅されたけど、それは大丈夫だったよ」と余裕の笑み。でも長期間の日本ロケ、やっぱりキムチの味が恋しくて…。現場にはひそかにキムチ持参だったとか。
「好きなのは、明太塩辛と、牛肉をちょっと塩っぽく煮込んだチャンジョリンです。韓国のファンたちが送ってくれたものなんですよ。日本人の梅干しみたいに、そこにあるときはそんなに食べたいと思わないんですけど、ないとなると食べたくなるんだよなぁ。よかったら食べてみません(笑)?」