イ・ビョンホン『夏物語』収録(裏)素顔
連日、灼熱の太陽の下で行われた撮影から現場に険悪なムードが漂うこともありましたが、場の空気を察した彼がムードを一変させてくれる。真夏の日焼けも深刻でジャガイモとキュウリをすりおろしたパックで、毎日欠かさずマッサージしてもらいオフタイムには共演者やスタッフとカラオケに繰り出し、顔が真っ赤になるまで酒を酌み交わす。若いスタッフを弟や妹のように可愛がり”兄貴”と呼ばれ慕われていました。そして撮影中に迎えた自身の誕生日には、お店の手配もすべて仕切りスタッフを高級焼き肉店に招き労をねぎらった。

ペ・ヨンジュン05年の年収は約42億円
ペ・ヨンジュンは約12億5千万円を納税したことが確認されている。内訳としましては映画・CMの出演料あわせて約8億8千900万円、フィギュアなどのキャラクター商品販売収入が約17億7千万円、パチンコ台やクラシックDVDなどの肖像権ロイヤリティー収入が15億6千900万だという。韓国では日本の高額納税者番組のように個人名や納税額は報じられませんがペ・ヨンジュンの場合は金銭の流れに透明でありたいという彼の気持ちの表れではないか。

ペ・ヨンジュン新ビジネス
『サンリオ』がヨン様の肖像権を使ったキャラクター開発、商品化権のライセンス契約を交わした。ヨン様をモチーフにしたクマのぬいぐるみ『ジュンベアー』などをイラストレーションでキャラクター化するという。ただ、「現在のところはキティちゃんとのコラボレーションの予定はありません」とのこと。根強いヨン様の人気はやはり”桁違い”のようだ。