ブラシ使い方が重要!50代以降の女性が直面「薄毛・白髪」対処法

投稿日:2022/05/02 11:00 更新日:2022/05/02 11:00
ブラシ使い方が重要!50代以降の女性が直面「薄毛・白髪」対処法

自分の老化を実感するところはいっぱいあるけれど、なかでも顕著なのは「髪」。白髪が増えたり、分け目の部分が薄くなってきたり、ケアをしているつもりでも毛質が変わってパサついてきたり……。

 

髪の毛は、髪を作る細胞だけでなく、さまざまな細胞が相互に協力しあって作られ、成長する。ところが、加齢とともに細胞の活性化が衰えると、薄毛や白髪、うねり、パサつきなどさまざまな髪のトラブルを招くようになる。

 

特に女性の場合は、こうした髪のトラブルの原因がホルモンバランスのほか、ストレス、病気、極端なダイエット、カラーやパーマによる地肌へのダメージなど複合的に絡み合っていることが多く、男性に比べて改善法を導きにくいのだという。

 

そんな髪の悩みを即効でごまかし、カバーするテクを伝授! 教えてくれたのは、ヘッドスパ専門店「PULA」の創業者・辻敦哉さんだ。

 

【薄毛】「ボリュームアップエッセンス」を仕込んで分け目を変える

 

髪の毛が細くなった、地肌が透けて目立ちやすくなった、髪が抜けやすいといった悩みが特徴の薄毛。女性の薄毛は過度のストレス、貧血、ホルモンバランスの変化、極端なダイエット、亜鉛不足などさまざまな原因が考えられる。

 

特にいつも同じ髪形、決まった分け目でいると、紫外線などの影響を受けてその分け目からどんどん薄くなる。

 

「分け目全体にボリュームアップローションを吹きかけ、分け目を逆サイドに変えます。即効で見た目のボリュームアップが期待できるんです」(辻さん・以下同)

 

〈1〉髪を軽く湿らせた後、いつもと違う分け目を作り、ブラシでかきあげるようにしながら根元部分を立ち上げ、ドライヤーをあてる。
〈2〉一度下を向いて、つむじを中心に後ろから前へと放射状にブラッシング。全方向にとかし、根元から髪が立ち上がるように。
〈3〉分け目を逆にしてブラッシング。分け目が決まったら、ボリュームアップローションをつけて根元の立ち上げをキープ。

 

分け目を変えて髪を根元から立たせることで、全体的にふんわりしたヘアスタイルに。仕上げにヘアスプレーをするとより長持ちする。

 

【白髪】「クッションブラシ」で目立つてっぺんの分け目をあいまいに

 

白髪は遺伝的な要因も強いが、主にメラニン量が不足して毛母細胞に色素が入らなくなることで起こる。一度白髪になってしまった髪が黒く戻ることは難しいため、できる対処法は、これから先、白髪になるのをできるだけ遅らせたり予防すること。そのためにも、血流をよくする生活習慣を続けることが重要だ。

 

しかし、具体的な白髪対策には、白髪染めを続けるしかないのが現状。しかも染めても1~2週間もすればすぐに根元から生え際の白髪が隠しきれなくなり、ため息をつく……。この繰り返しに女性たちは悩まされ続けている。

 

「白髪の人は白髪と頭皮の地肌部分とが一体化したように見え、白髪が一層目立ちやすくなっている傾向があります。効果的なブラッシングを行って根元から立たせることで、生えてきたばかりの白髪は一気に隠せます。マスターしましょう」

 

〈1〉軽く髪を湿らせた後、クッションブラシを地肌まで入れ、ドライヤーをあてながら少しだけ動かして根元部分だけ髪をとく。
〈2〉つむじの後ろでブラシを奥まで入れ、ドライヤーをあてながら少し手前にとく。こうすることで髪の根元が立つようになる。
〈3〉同じ要領で右から左、左から右、後ろから斜め前など、頭頂部全体に、いろいろな角度にブラシをあて、動かす。
〈4〉ブラッシングが終わったら、指で簡単に形を整える。根元が立ち上がって分け目が目立たなくなっている。

 

全方向からブラッシングをしたことにより、髪の根元が立ち上がり、白髪だった分け目部分や生え際が目立たなくなる。頭皮へのマッサージ効果もあるクッションブラシは、ブラシ先が丸い玉状になっているものが、地肌にやさしいのでオススメ。

 

年齢を重ねたことで出てくる“困り髪”は、自宅で簡単リカバリーしよう!

 

【PROFILE】

辻敦哉

2011年ヘッドスパ専門店「PULA」をオープン。その後全国に展開。著書に『育毛のプロが教える髪が増える髪が太くなるすごい方法』(アスコム)などがある

ちらの記事もおすすめ

カテゴリー