アメリカの大手化学メーカー、モンサントの除草剤「ラウンドアップ」が原因で悪性リンパ腫を発症したと訴えていた、末期がん患者の男性(46)に対し10日、カリフォルニア州サンフランシスコの裁判所は、男性の訴えを認め、モンサントに約320億円(2億8,900万ドル)という巨額の支払いを命じた。

 

この男性は、学校の校庭整備の仕事をしていたが「ラウンドアップ」を繰り返し使っていたという。農薬問題に詳しい、東京女子医科大学東医療センター麻酔科非常勤講師の平久美子医師に解説してもらった。

 

「訴えを起こした男性は、悪性リンパ腫の一種で、白血球が関与する非ホジキンリンパ腫を発症しています。日本の厚生労働省は、その発症要因として免疫不全、細菌やウイルス感染、除草剤、有機塩素系殺虫剤、放射線被ばくなどを挙げています。今回の判決は、『ラウンドアップ』の影響があるかどうかわからないことが多いと推測されますが、モンサント側が注意喚起を行わなかった点が問題だと司法が判断したのです」

 

この除草剤については、同じような訴訟がアメリカで5,000件以上起こされているという。平先生が「ラウンドアップ」の特性についてこう指摘する。

 

「『ラウンドアップ』は、植物の成長に不可欠なアミノ酸の合成をストップさせて枯らす除草剤です。モンサントは、『ラウンドアップ』に接触しても枯れない“耐性”を獲得した遺伝子組み換え作物も販売し、多額の利益を得ました。『ラウンドアップ』の主成分であるグリホサートについて、WHO(世界保健機関)が管轄する国際がん研究機関(IARC)は動物実験によって、《おそらく発がん性がある》との判断を示しています。また発がん性以外にも胃腸障害、糖尿病、うつ、自閉症、肥満、アルツハイマー病などとの関連も疑われています。さらに内分泌をかく乱する作用があり、生殖機能に影響を与える可能性も指摘されています」

 

それを受けてか、’15年にはオランダが「ラウンドアップ」を販売禁止に。まもなく、ブラジルでもグリホサートを含む製品について使用が禁止される。「食品と暮らしの安全基金」の代表でジャーナリストの小若順一さんが語る。

 

「日本の農家の間で広く使われているだけでなく、ホームセンターや100円ショップでも『ラウンドアップ』やグリホサートを主成分とした廉価な除草剤が販売されています。家庭菜園の流行もあり、一般家庭にもかなり普及しています。日本では野放し状態といっていいでしょう」

 

内閣府の食品安全委員会は’16年にグリホサートについて評価書をまとめている。そこでは、《神経毒性、発がん性、繁殖能に対する影響、催奇形性及び遺伝毒性は認められなかった》として、1日摂取許容量の基準を体重1キロあたり1ミリグラムとし、その量なら生涯、摂取し続けても健康への影響がないとした。

 

政府の見解について、平先生はこう話す。

 

「日本の農薬政策は、発がん性が否定できなくても、食品残留量が十分に低ければ、使用そのものは問題ないというのが基本的な考え方です。しかし、設定された1日の摂取許容量は、店で売られている食品を買って食べるだけの人にも十分に達成可能な数字です。また、農作業などで『ラウンドアップ』を直接扱う人は、うっかりすると大量の曝露を自身や周囲にもたらす危険性があります」