みなさんこんにちは!繁田です。

なんだか気候はすっかり初夏の様子ですね[E:sun] 最近では半そでを着ることも多くなってきました。

しかし冬でも半ズボンの小学生は改めてすごいですよね(笑) なんであんなことが可能なんでしょう?[E:coldsweats02]

大人が冬に半ズボンで歩いていたら…

いろんな意味で引きますよね(笑)

…とまあどうでもいい話になってきたところで、前回の解説です。

前回は、対角線でタイルを切るという有名問題にチャレンジしてもらいました。2009年度の入試でもいくつかの学校で出題されていたようです。

いかがでしたか?

考え方を一度習ってしまえば公式のように覚えてしまって構わないやり方も、一度くらいはしっかり「そうなる理由」を理解しておきたいものです。

今回は説明が長くなりそうだったので、2部に分けて補習授業つきでした(笑)

これでもうこの手の問題に当たっても安心…ですよね!?

根強く出題される有名問題なので受験生の方はしっかり押さえておいてください。

 

それでは今回の問題です。

————————-

(分数がうまく書けないため、帯分数は次のように表現します→「整数部分・分子/分母」

例:1.2にあたる「イチ ト ゴブンノイチ」は、1・1/5と書きます)

1・1/5  18/35  1・17./25  のどれに掛けても答えが整数となる分数のうち、最小のものを求めなさい。

————————-

最近は有名問題シリーズでせめています。問題文自体は実にシンプルですよね。

これも前回の対角線切り同様、なんとなくやり方だけ覚えている人もいると思いますが、出題のされ方をアレンジされた時にゴチャゴチャにならないよう、原理・やり方を、今一度確認しておきたいものです。

制限時間は5分です。がんばってください。

Let’s トライ![E:dash]