こんにちは!繁田です。

 

夏至の日を挟んで、日の長い毎日となっていますね[E:sun]

 

人間はやはり太陽の光の下でこそ活動的になる生き物。眠い目をこすりつつも朝の日の光をカッと浴びることで、エネルギーがみなぎるとともに頭がシャッキリします[E:eye]

そしてたとえばその状態で計算トレーニングを15分やるのもいいかもしれません。漢字練習でもいいですね。もしくは、体操をするのもいいでしょう。

難しすぎない継続できることを続けてやることで、生活にリズムが生まれてきます。この夏をこえ一回り成長した自分に出会えるよう、「何かの日々の継続」を来たる夏休みの一つの課題にしてみてはいかがでしょうか[E:scissors]

 

それでは今回の解説です。

今回は天秤の問題でした[E:libra]

いかがでしたか?

天秤でものを量ると聞くと、どうしても左右の皿の2つだけで物事を考える人が多いです。

しかし左右の皿だけでなく、量り方を工夫すれば「天秤の外のものも量る」ことができるというのが今回の最大のポイントでした[E:flair]

2つずつに分けていくより3つずつに分けて絞っていったほうが、より早く目的の玉を見つけることができます。

量れる最大の個数が3倍、3倍、3倍…となっていくのも、算数の答えとしてはとても美しいですよね。有名な問題ですので頭に入れておいてください[E:up]

それでは今回の問題です。

——————–

兄が5歩進む間に弟は6歩進みます。また、兄が2歩で進む距離を弟は3歩かかります。今、弟が60歩進んだところで、兄が弟を追いかけました。兄が弟に追いつくまでに、兄は何歩あるきますか。

——————–

このママドリルでは初めて登場でしょうか?速さに関する問題です。

速さの問題の中でも、混乱する人の多い「歩数と歩幅の問題」を扱ってみました。まずは与えられた条件から、兄と弟の速さの比を出してみましょう。

制限時間は5分です。Let’s トライ![E:car]