image

(写真・神奈川新聞社)

相模原市は9日から、救急隊が到着するまでの間、現場で応急手当てをした人に感謝の気持ちを示すカード「バイスタンダー サンキューカード」を配布する取り組みを始める。救命率向上のため、救急現場に居合わせた人(バイスタンダー)が応急手当てをしやすい環境を整備するのがねらい。

市消防局救急課によると、カード配布は、実際に応急手当てをした人のほか、救急隊の要請で荷物を運んだり、搬送者の手を握って見守ったりした人らも対象となる。

カードの裏面には、応急手当てを行ったことで、心理的ストレスを感じた場合の相談窓口の電話番号を記載。悲惨な現場に立ち会ったことで、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症するケースもあり、バイスタンダーの心のケアも充実させる。

同課は、「カードを配布して、市民が安心して応急手当てができる環境をつくりたい」と話している。