image

(写真・神奈川新聞社)

横浜DeNAベイスターズは、26日の中日戦から球団オリジナルの唐揚げ「ベイカラ」を販売する。

レストランの格付け本「ミシュランガイド」で8年連続一つ星を獲得している東京都内の日本料理店「ラ・ボンバンス」の料理長、岡元信氏が監修。2度揚げる製法を用い、唐揚げにパルミジャーノチーズを絡めて提供される。

横浜スタジアムの3番ゲート横のコンコース内で販売する。価格は550円。「パルミジャーノチーズ味」と季節限定の「さっぱり梅味」から選べる。今後もわさびや、ゆず、七味唐辛子風味なども販売する予定。