image

(写真・神奈川新聞社)

高校野球の第68回春季関東大会第2日は22日、群馬県の高崎城南球場などで2回戦6試合を行い、横浜(神奈川1位)は3-2で高崎健康福祉大高崎(群馬2位)に逆転勝ちし、4年ぶりのベスト8進出を決めた。

横浜は0-1の六回に渡辺翔(2年)、遠藤駆(3年)の連続適時打で逆転すると、八回には渡辺がスクイズを決めて追加点を奪った。左腕石川達也(同)は無四球で2失点完投した。

第3日は23日、同球場などで準々決勝4試合を行う。横浜は上毛新聞敷島球場の第1試合(試合開始午前10時)で千葉黎明(千葉2位)と対戦する。

関連タグ: