image

(写真・神奈川新聞社)

8月に行われるリオデジャネイロ五輪の最終選考会を兼ねた体操の第70回全日本種目別選手権の決勝が5日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子床運動で4連覇を達成した横浜市鶴見区出身の白井健三(19)=岸根高卒、日体大=が初の五輪代表に選出された。白井は昨秋の世界選手権・床運動を制し、五輪でも金メダルの期待が懸かる。

白井は「厳しい選考を勝ち抜いてまた一つ自信になった。団体の優勝を目指して、また練習したい」と話した。

関連タグ: