image
(写真・神奈川新聞社)

どなたかこのトラを飼って(飾って)くれませんか-。小学生がコラージュ技法でつくった「トラ」の“飼い主”を、こども絵画造形教室が募集している。およそ縦2メートル、横2.5メートルの大作で、相模原市緑区の藤野総合事務所で開かれている「ふじの・森からの創造展」(11日まで)に特別出展中だ。

 

トラの作品は、252(ニーゴーニー)studio藤野(同区日連)で月2回開いている教室で昨年秋、小学1~6年生6人が取り組んだ。厚手の生成り綿布にアクリル絵の具で下地を塗り、雑誌の切り抜きなどでコラージュ。クレヨンやコンテなども使用し、5回かけて完成した。地域のイベントで公開したときは「トラの目が優しい」「癒やされる感じ」と好評だったという。

 

教室主宰の柿崎さえみさんは「倉庫で保管されるより、多くの人の目に触れる場所にいた方がトラも幸せでは」と考え、飼い主募集のチラシを作成。「公共機関や保育園、病院などを考えているが個人宅でも構いません。布なので持ち運びは簡単です」

 

問い合わせは、柿崎さん・電話090(3468)0079へ。