image

(写真・神奈川新聞社)

 

平塚市宮の前の無認可保育所で生後4カ月の男児が暴行を受けて死亡した事件で、平塚署捜査本部は10日、預かった別の子どもの衣服を脱がせて撮影したなどとして、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、元職員の保育士の容疑者(34)=傷害致死容疑で逮捕、横浜市戸塚区=を再逮捕した。

 

再逮捕容疑は、昨年9月ごろ、保育所内で預けられた女児の衣服を脱がせ、スマートフォンで撮影するなどした、としている。捜査本部によると、同容疑者は「やった覚えはない」と供述、容疑を否認している。記録媒体からは複数の子どもの画像が見つかったという。

 

横浜地検は同日、男児に対する傷害致死罪で、同容疑者を起訴した。

 

起訴状などによると、被告は昨年12月6日午前0時10分~同4時半ごろ、保育所内で男児=平塚市=の頭部に暴行を加え、脳挫滅で死亡させた、としている。

 

捜査本部によると、同被告は一貫して「やっていない」と供述、傷害致死容疑を否認していた。

 

保育所内のカメラには、同被告が男児を抱えて画面からいったん消え、再び戻ってくる様子が複数回写っていた。また同被告は当時、1人で勤務し、保育所では送り迎えの保護者以外に不審な人物の出入りはなかった。

 

捜査本部は複数の脳の専門医の鑑定から、預けられた後に暴行を受けた可能性が高いことや、誤って落としただけではできない傷であることなどから、人為的に極めて強い衝撃が加わったと判断。犯行が可能だったのは同被告一人だけだったとみて捜査していた。

 

また同地検は、保育所内のパソコンを壊したとして証拠隠滅の疑いで逮捕された保育所の経営者について、処分保留で釈放した。

関連タグ: