image

(写真・神奈川新聞社)

 

秦野市内で唯一の酒蔵「金井酒造店」(同市堀山下)で新酒の仕込みが最盛期を迎えている。

 

仕込みは11月からスタート。発酵で出る炭酸を抜き、温度を均一にするため、タンク内のもろみを、長さ約4メートルの櫂(かい)棒を手にした蔵人(くらびと)がかき混ぜている。

 

製造部長の米山和利さん(51)は「暖かかった今年は発酵が早く、辛口に仕上がった。以前は冬場は熱かんだったが、最近は暖房で暖まった部屋で、冷やで飲むのもいいですよ」と話す。

 

新酒は20日ごろから市内の酒店などの店頭に並ぶ。問い合わせは、同店・電話0463(88)7521。