image

(写真・神奈川新聞社)

 

雪遊びが楽しめる“特設ゲレンデ”が、今年も箱根町元箱根のレジャー施設「箱根園」にお目見えした。連日家族連れら多くの観光客が訪れ、そりで遊ぶ子どもたちの歓声が響いている。来年2月28日まで。

 

冬場のオフシーズンを盛り上げようと、人工雪の長さ約40メートル、幅約25メートルの緩やかな斜面を整備。積雪50センチ程度で、雪だるまなどが作れる広場もある。25日は晴れ間も広がり、家族で訪れた女児(4)=川崎市=は「うまく滑れて楽しかった」と笑顔をみせた。

 

今回で20年目で、雪が降らない台湾など、国内外から例年約1万3千人が訪れているという。担当者は「子ども連れの家族に楽しんでもらいたい」と来場を呼び掛けている。

 

午前9時~午後5時で、入場料は1人2時間800円(そり付き)。問い合わせは、箱根園・電話0460(83)1151。

関連タグ: