image

(写真・神奈川新聞社)

 

小田原市久野の小田原フラワーガーデンで梅が見ごろを迎え、来訪者の目を楽しませている。3月12日まで「梅まつり」が開かれ、約200品種480本を観賞できる。

 

同ガーデンによると、今年の開花は例年に比べて2~3週間程度早い。早咲きはピークを迎えており、遅咲きを含めると全体で六~七分咲き程度。2月中旬ごろまで楽しめそうだという。

 

晴天に恵まれた29日、園内では梅のスケッチや散策を楽しむ家族連れらの姿が見られた。藤沢市片瀬の小学5年の児童(11)は「ピンクなど色の違ういろいろな梅があってきれい。良い香り」と目を細めていた。

 

まつり期間中、同ガーデン限定の「梅だれ餅」を販売。2月26日には、着付けを体験できる催しが実施される(先着30人、有料、要予約)。

 

入園無料。開園は午前9時~午後5時。月曜休園。問い合わせは、同ガーデン・電話0465(34)2814。

関連タグ: