image

(写真・神奈川新聞社)

 

子どもたちに100円で食事を振る舞う「こども食堂」が19日、南足柄市内では初めて、同市和田河原にオープ
ンした。地場産の野菜をふんだんに使った自慢のメニューを子どもだけでなく、大人でも300円の格安で提供。
子どもからお年寄りまでが気軽に立ち寄れる場所に育て、地域のつながりを取り戻したい考えだ。

 

大雄山線和田河原駅から徒歩8分ほど。住宅街の一角でカレーの香りが漂う。NPO法人ワーカーズコープ小田
原・足柄地域福祉事業所 報徳ワーカーズ(大井町西大井)を中心に開店した「きんたろう食堂」だ。

 

元社員寮のマンション1階にある、今は使われなくなった社員食堂を活用。手作り感あふれる店内に30席ほど
を用意した。正午を待たずに地域の子どもたちが、この日の献立の、甘口のひき肉カレーや里芋の唐揚げ、サニ
ーレタスやカブのサラダをほお張った。

 

報徳ワーカーズは、農業生産法人の報徳農場とNPO法人ワーカーズコープが昨年4月に設立。農業を通じた町
おこしや就労支援などを手掛けている。

 

「都市部ではない南足柄でも、地域のつながりは希薄になっている」。そう話すのは舩越謙所長(47)だ。
地域で子どもを育てるための「子供会」も機能しなくなっていると聞き、「つながりがなくなれば、貧困など子
どもを取り巻く問題もなおさら見えづらくなる」と懸念する。

 

子どもだけではない。1人暮らしのお年寄りも今後、ますます増える。住民の居場所をつくることでネットワ
ークをもう一度築くことができれば、地域に眠る課題も浮かび上がってくるはずだと考え、「それを次の支援に
つなげたい」と舩越所長。次回は春休み期間中の4月1日にオープンする予定だ。

 

きんたろう食堂は高校生までが100円、大学生以上が300円。料理や配膳など食堂を手伝うボランティアも募
集している。問い合わせは、報徳ワーカーズ・電話0465(83)1188。