image

(写真・神奈川新聞社)

 

逗子海水浴場の海の家の営業時間について、逗子市の平井竜一市長は22日、今夏は開設期間中の全日で午後8時までとする方針を明らかにした。市議会本会議の施政方針演説で表明した。

 

午後8時までの営業は、一昨年は土日曜日とお盆期間、昨年は市などが企画するイベントが夜間に開催される場合に限り平日も認めており、段階的な規制緩和となる。平井市長は「日本一厳しい条例によって安全安心が確保されている」と説明。市民らによる海水浴場運営の検討会から「2016年度に実施した期間や時間を緩和しても問題ないといった意見が多かった」などとする報告書を受け、決定した。

 

昨年導入した海の家の違反チェックや違反した場合のペナルティーの仕組みは継続し、海水浴客への啓発にも引き続き取り組む。

関連タグ: